solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
つぎあてパンツも粋かも

 

ただのジーパンとは呼びたくない、「エドウィン!!」を酷使しすぎて、擦り切れてしまった。サドルとの摩擦で。
あて布のような形で補修できないものかと、リフォーム屋に持ちこむと、「あて布は用意していただかないと…」と素っ気ない対応(これが慣例なら、しかたない)。

 

そのかわり裏打ちする方法もあります、と提案されたので、それを注文して1週間、あずけておいたのを引き取ってきた。
日数がかかったわりに、表面の擦り切れはそのままで、裏に厚めの繊維が蒸着された感じになっている。しかたない、このまま様子をみるとしよう。

 

預けた日の窓口嬢は、「ここに油汚れが…」「エンブレムのほつれ、どうします?」と追加注文をそそのかす商魂を見せてくれたが、「そのへんは、あきらめてますから」と断って、最低限ケツ出しだけは防ぐリペアをお願いしたのだった。それでも 4000 ドル。安くないな〜

 

何年も前に、やはりサドルとこすりこすりまくって酷使したエドウィンは、普段着にもはばかられるぐらいの痛みかたになってきたので、山用におろしてしまった。虫食いセーターとか黄ばみポロシャツなんかも、山用に「セルフお下がり」しているので、山が処分場みたいになっている。

 

つまり、ボロッボロの野良着ばかりでルンペンハイキングしているわけで・・・
「これはみすぼらしいな」と、生まれて初めてデサントの高機能クライミングパンツとやらをアマゾンに注文したのだった。もう、試着をあきらめれば通販の品揃えの方が断然イイ!のである。

 

ところが、エドウィンのジーパンは、型番がわからないので、アマゾンの画面ではどうしても跡継ぎが見つけられなかった。リーバイスだと 501 とか 503 とか、有名な型番が「指名買い」されているのだが、エドウィンさんの何の変哲もないジーパンに型番はついてなかった。いや、見過ごしていたのか、商品タグも捨ててしまった。

このへんが毎回「次こそは」と思いつつ後悔するばかりなのだが、擦り切れるまで酷使したころ、もう同じジーンズは売り場にない!


だから2,3本一緒に買ってスペアにしておくべきでした・・・と、後悔先に立たず。
このトシになると、2年後にはおそろしくメタボっているか、生きていないか、先のことを考えない絶望中年そのもの。明るい未来も希望もない(苦笑)。
30年で1サイズは確実にかさ上げしてしまったからなぁ^^;

 

せめて、これ以上ズボンがきつくならないよう節制に努めなくては。
エドウィンが似合わなくなったら、作務衣でも着るか…

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年06月23日のつぶやき
23:56
東京芸達者大学になるための学祭 https://t.co/paOszNJBYR #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
東京芸達者大学になるための学祭


天下の東京藝大で、まだミスコンをやっている…いや、ミスコンではないないないと言い訳しつつ裏ミスコンをやりたくてしかたない、この 20 世紀少年の発想は、ガラパゴスだな。

 

ミス低能未熟大とか、ミス情痴大なら、もう出る阿呆に見る阿呆♪でとやかくいう気にもなれんが、まず税金で学んでいる学生がミスコンを卒業できない教育効果の低さをどうにかしなくてはイケマセン(まぁ、あの日大にも税金は流れているのだが)。


常識破壊ゲームの言論版が社会学、ビジュアル版が現代アート、と僕はとらえているので、ビジュアルに訴える「一筋縄ではいかないミスコン」をやってこそ、東京帝国藝大である!!

あえて天下の藝大と一目おかせてもらっている大学ならばこそ、世界をうならせるようなミスコンを企画して、新しいトレンドをつくってほしいもんである。


レディーボーイを紛れこませて1位を取らせる出来レースとか。
その裏返しで、FTM のミスコン(戸籍変更前ね)をやってみるとか。手術をミスったコンテストもいい。

 

水着で歩いてご愛嬌、教授を喜ばす知性をふりかけたインタビューで「中身もあります」アピール、加えて格闘技とか社会貢献活動をさりげなく自慢すれば理想のミスなのかもしれんが、そんな才色兼備はインフレ状態。飽きてしまうのだ。

 

そこは藝大でしょ、女拓美人でも選んでみたらどだね?
嶋本昭三さんも天国から1票入れてくれるでしょうよ。

 

「本体」の美にこだわると、どこにでもある裸女カタログになってしまうから、厚着美人はどうだ?
どれだけ厚着してもセクスィ〜さがぷんぷんする美人も、チャレンジする価値はあるぞ。ロシアあたりに有望選手がいそうだが。

 

僕がふだん勝手にエントリーさせて勝手に選んでいるのは、山ガールコンテスト。
これが、なかなか難しい。
『ランドネ』から抜け出してきたようなパクリ女子は多いけど、さりげなく、体の延長のように装備を着こなしている女子は、めったにお目にかかれない。

 

上野の森で競わせるなら、「動物に選ばれるミスコン」もあっていい。
スリーサイズだの化粧テクニックだの、そんなもんに左右されない動物の勘こそ、人柄よし子さんを見抜く究極のものさしになると思うね。
松島トモ子になってしまう候補者もいるかもしれないが・・・それも好かれている証拠ってことで、美しい傷跡を誇りに思って下さい(^^)

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年06月22日のつぶやき
23:55
晴耕雨読といっても、梅雨は読書に向かない https://t.co/jwr5upUfAT #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
晴耕雨読といっても、梅雨は読書に向かない

 

大阪屋さんという本の取次の、社員さん有志なのか、ごんた堂と称する新刊案内サイトを、長いこと便利に閲覧させてもらっていた。
発売日順に、単行本や文庫、新書、コミック…とソートできるので、文庫と新書だけでも、とても参考になっていた。


それが、今月になって消えてしまい、親会社のサイトもどうも形骸化している。会社の事情ならしかたないけど、代わりのサービスがないもんかと探していたら、「ほんのひきだし」というのを見つけた。

 

これが、なかなか周辺情報も含めて盛りだくさんで楽しめる。
こちらも文庫と新書だけに限定して、発売日順ソートして新刊チェックしている。新刊だけでなく、数ヶ月さかのぼって掲載されているのもありがたい。
一点ずつリンクがついているので、ごんた堂さんの書名・著者名・出版元だけの羅列より、密度が濃い〜のだ。

 

コメントしたりおすすめをイチオシしたりするサイトは数多くあるけど、網羅的に並べてくれた方が取捨選択の自由度が高いので、とにかくデータだけ並べてほしい。

あ〜、なんか懐かしいぞ。80年代マガジンブームの、コラムを売りにしたタウン情報誌と、大量羅列を売りにしたデータ・マガジンのスタイル競争を思い出すなぁ。

 

結局タウン誌というジャンルが縮小してしまい「読者」はネットに奪われてしまうわけだが、今となってはLマガジンの「読ませるスタイル」も、ぴあの「並べるスタイル」も、どちらもありがたかった。

同じことは、『TVブロス』の不調にも飛び火している。隔週刊が、いつの間にか月刊になってしまった。
羅列スタイルは今でも何誌か出ているから、読者が望んだ結果だろう。

 

TV ブロスに書いていた水道橋博士だったか爆笑問題だったか、ラジオで寂しいねーと語っていたのは最近のこと(そのラジオで、TV ブロスの月刊化を知ったほど僕も愛読していたわけではない)。放送メディアを語る活字メディアというのは、僕も必要だと思うけどね・・・

 

出版の案内誌も、『ダビンチ』と『本の雑誌』は健闘しているとはいえ、僕も細かくチェックしているのは web 情報の方で、web の方にコラムや書評が載っていれば、それはそれで便利でいい。
アマゾンジャパンあたりが書評サービスでも始めたら、自然と読書家は web の中に囲い込まれてしまうかもしれない。

「ほんのひきだし」にも、どんな付加価値がついていくか楽しみにしつつ、当分はこれで情報集めさせてもらおう。


前は購読していた『ダビンチ』も、ちょっとエンタメ重点になりすぎているので、気の利いたコラムも書評も、web の方があてになるのもしかたないのか、そんなご時世なのか…

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年06月21日のつぶやき
23:48
ウォークマンにはないスピーカーつきが便利な cowon M2 https://t.co/v5Tz6rcrh1 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
ウォークマンにはないスピーカーつきが便利な cowon M2


コリアン DAP も5個目。
それ、好きやね〜とつっこむ人もいない偏愛の対象になっとるのが、COWON の名刺ケース大のプレイヤー。


M2の完成度の高さと、D2のむやみに多機能で不便なインターフェイスを使い分けつつ、やっぱり新しい方がスマートやな、と「M2まったく同型機」をハンマープライス6K円。定形外郵便で受け取った。

 

前に買った中古品にはついてなかった、スマホのジャケットのような、透明ソフトカバーがついている。仕様でもこんなものはついてないので、今度の売り主がオプションを買い足していたのだろうか。それほど丁寧に使われていたと見えて、新品同様だ。

 

こいつの機能や使い心地は、3年前に書いたとおりなので、何も目新しいポイントはない。輪郭のくっきりした、タイトで深い音はコリアン風味といえましょうか・・・無個性な八方美人音より、聴きごたえがあっていい。

 

SD カード抜き差しできるといっても、本体ストレージだけで 32GB あるので、ほぼほぼ事足りてしまう。
128GB の愛ポッドを持つより、32 GBの COWON を4つ持つ方が、保険にはなるってもんで。

 

メディアもあえて小容量のに小分けしてあるので、どれかがクラッシュしても全部パーになるわけではない。
と、そこまで音源を後生大事に保管して、それをプレイバックする時間があるのか?といえば、大いに疑問。われながら、あきれるしかない。

 

PC 横のおもちゃ箱には、いつ何のメディアからコピーしてきたのか記憶もあやふやな寄席とか、MD 時代にエアチェックしてあって変換した記憶もないサイキック青年団なんかがギッシリたまっている。
カセットほど荷物にならんから、ギッシリ感はないものの、すでに一生かかってもプレイバックできんな〜、と確実にいえる量にはなっている。困ったもんだ。

 

さて、この 32GB のスペースを、何で埋めようか。
昔よくレコード屋で売っていたミュージックテープの、デジタル版( micro SD )がなぜ始まらないのかは謎であるが・・・
ミュージックカードなんか、だれも買わんでしょ、と正論も聞こえてきそうだ。

 

プレイヤーかスマホはだれもが持ち歩いている時代だから、コンテンツ次第ではミュージックカードは売れるのではないかなぁ。
鶴光のオールナイトニッポンとか、角淳一のヤンタンとか。
オッサンおばさんが「あの日々」にワープできる麻薬ですよ、こんな音源があれば。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

買いました(むだづかい) | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年06月20日のつぶやき
23:48
時限爆弾がカウントダウンしはじめた?激安 Thinkpad https://t.co/nx4fEVoWFn #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
時限爆弾がカウントダウンしはじめた?激安 Thinkpad

 

散らかった床に足をとられて、ジュースをバッサー!!と PC にこぼしてしまった。
な〜にが堅牢であるか!
仮死状態になってしまった。充電できても起動しない。

 

自然乾燥させるにも、ジメジメジメジメ高湿度が続き、待っていても埒が明かんので、あまりにも激安でこわくて(起動したら花火が打ち上がるとか…)火入れ式をしてなかったマシンに、初登板してもらうことにした。古物商から調達した再生品を。


壊れた Thinkpad X200 tablet は、ウィンドーズアプデも効かなくなっていて、たぶんウィンドーズ6ぐらいにダウンしていると思う。そこで我が家も、やっと 10 に乗っかることにしたのである。いい機会だわ。

 

セットアップは、こちょこちょやっていたら引っかからずに進み、ルーターの認識もプリンタードライバーも働いている。
13 K円で office 2016 pro まで入っているのはどう考えても怪しいが、一応使えることはわかった。

Firefox も最新バージョンを落とした。お、戻るボタンや更新ボタンが復活しとるやないの。


仕事文書は one drive と同期させて落としてくれば大丈夫。

Google 関係のアプリがほとんど入ってなかったので、これも落として、できるだけ7マシンの環境を再現すべく、オンラインでソフトをそろえる。もう 15 年以上愛用してきた Vix が、脆弱性がアウト!らしいので断念したけど。

 

これを紹介したら「簡単でええわ〜」と喜んでいた同級生の友人は、今は天国にいる。やつとの思い出につながる古き良きソフトだったが・・・

代替ビューワー Irfan view は、なかなか高機能でええわぁ。
 光学ドライブもついているので、懐かしい DVD-RAM が再生できるかどうか、やってみよう。

 

そんなこんなで、昨夜というか朝までゴソゴソ環境整備に明け暮れて、やっぱり大画面はええな〜と(たった2インチ拡大しただけなのに)すっかり慣れてしまった。

 

いやほんま、中途半端にゆったりしている Thinkpad は、コスパ抜群すぎるな。7の Thinkpad はサンキュッパだったから、その3分の1。

予備にもう1つ、調達しておこうか(苦笑)。
 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年06月19日のつぶやき
23:23
崩落ブロック塀こそ、人災 https://t.co/bLul78OWn7 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
| 1/461PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS