solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
眉毛は八の字で出直そう豊田真由子さん!

 

しこたま暴言を排泄して病院へ雲隠れしてしまった豊田まゆちゃんの歪んだエリート意識は、根が深い。
そのあたりの心理分析は専門家に任せるとして、あの眉毛メイクも、だれか修正してやれなかったのか?(笑)

本人は「できる女」を演出したかったのかもしれんが、「修正できない女」のシンボルマークみたいなものだ。
笑ってもキリッと「怒り角度」で固定されているから、あの角度はお笑い芸人のネタになるのが関の山(パクりやすいしね)。

 

お笑い芸人といえば、「頭スコーンと割って脳みそチューチュー吸うたろか!!」をギャグねたにしていたのが五十路にして吉本新喜劇マドンナの未知やすえ。
やすえ姉さんの恫喝は、強きをくじき弱きを助ける啖呵だから、だれも咎めない。
ぜひ、次の選挙ではこの難儀な女傑を落として未知やすえを国会に送りこみ、「脳みそチューチュー」してほしいもんだ(^^)/


まるっきりバカではないはずだから、媚びる相手から与えられた仕事はきちんとできるのかもしれんが、秘書が 100 人もやめていくところをみると、人の上に立って人を育てる資質が欠けているのは明らか。

上司に媚びていても、本心では小馬鹿にしていたりするのではないかな?

 

エリートの定義も、「突出した才能をもつ人」ではなく、「エリートを育てる達人」になっているのが先進国の常識だ。
だから、暴言女王の学んだハーバードも、ロー・スクール、メディカル・スクールと並んで「教育大学院」を独立した専門機関にしている(教員を生産する教育学部の延長とは本質的にちがう)。

 

別に、上から指導するぞ!育てるぞ!と気負わなくても、優秀な部下が競って慕うような人格者がいれば、自然と名声が高まるわけで・・・
それでも真のエリートメーカーは、俺様の業績だと威張らない。

 

学歴や官僚キャリア歴だけで毛並がいいとかエリート議員だとか、薄っぺらい下馬評をするのはやめたらどうだ?
わかりやすい記号として、ニュースの消費者にはウケるのかもしれませんが…

このボーダーラインの人格破綻者がどんな治療を受けて、どう身を処するか、1年後も2年後もチェックできる記憶力が有権者(特に痔眠党支持の)にあるかどうか・・・
どうだ憶えてるかおまえら〜!!と、さらに角度を増した眉毛妖怪がゾンビのように笑ってまっせ。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0)
2017年06月24日のつぶやき
23:52
小林麻央は若年がん患者の代表になれるか https://t.co/l4BmWLbCT6 #jugem_blog
00:00
ブラックなアートイベント? https://t.co/YDSLylai86 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
小林麻央は若年がん患者の代表になれるか


小林麻央の訃報が一億総賛美で塗り固められていることに、いちゃもんをつけるつもりはない。
短く、素朴な感想を。

闘病中から、小林麻央ガンバレガンバレガンバレに同調していた芸能界の人、外の人は、すっかり川島なお美も今井雅之も忘れているのではないか?


女子アナ業界には、練炭自殺、飛び降り自殺をして名前すら忘れ去られている非業のキャリアウーマンもいたっけ。
追悼フィーバーが49日もたつと、小林麻央も「風化リスト」に加えられていく。

 

メディアがとりあげない普通の若年性進行がん患者は、今日も明日も数十人ずつ消えていく。
あこがれの仕事、結婚、子供のどれも手にせず無念の死を遂げる三十代が。

 

「早すぎる」などと憐れまないでほしい、とどなたかがコメントしていたのは、ある意味その通りだと思う。
女子の花道を高速で走り抜けて帰らぬ人になってしまった。
それはそれで、いい人生だったのではないだろうか。

 

理想は「完治・復活」だったかもしれないし、ファンでない僕も素朴に快方に向かう奇跡を祈っていた。
前向きなブログも、かえって厳しい予後の影を感じさせるものだったから、つらかった。小林麻央の病状に感動ポルノの消費者が一喜一憂している間にも、全国で十代の少年少女がいじめ自殺に追い込まれ、臓器移植待ちの小児患者が毎年何十人も亡くなっている。

 

感動ポルノを演出しているメディアは、いっさい偏った報道をしてこなかったと胸を張れるか?
僕にも注目してくれませんか!!と、鳥越俊太郎は寂しがっているかもしれませんよ。

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)
ブラックなアートイベント?


体のいい「女体闇鍋」が、アートに名を借りてブラックボックス展と銘打っているらしい。
観客を選別して女子をわんさか入れるところから怪しいし、展示らしい展示物はないのに3000円もとるボロ儲けの仕掛けも怪しい。

そんなアラームが作動しなかった女子にも、責任の数%はあると思うが・・・

 

本当のブラックは選ばれた男と主催者の関係ではないのかな。「手探りで闇を体験してもらう」企画が、「手触り」に直結するのは、主催者としては織り込み済みだっただろう。闇にしていれば公然わいせつでもないし、闇だからハプニングでした、と言い訳もできる。それも織り込み済み。

 

暗闇の悲劇は、70年代のニューヨーク大停電が集団心理の研究史に残る有名なケースだが、だからこそ、こんな仕掛けをつくると何が起きるかは、知る人ぞ知る想定内の犯罪教唆なのだ。

 

22年前の1・17の夜は、神戸の都心が本当に闇になっていた。

意外とニューヨークの二の舞いにはならなかったが、それでもブランドショップは略奪被害に遭い、食料品店も火事場泥棒にさじを投げていた。
まだ、災害現場で欲望をむき出しにしない日本人が大多数だったとはいえ、夏フェスには薬物が流通し、アート(と称する)イベントには強制猥褻が横行するのが現実なんですなぁ。

 

意外と、太陽さんさんのヌーディストキャンプで老若男女が生まれたままの姿でいる分には、かえって理性が働くものかもしれないが、もっと冷静に、金儲けにいそしんでいる仕掛け人も確実にいる。
ブラックボックス展は、黒幕と、理性を売り渡した男と、怖いもの見たさの乙女の三層構造になっていて、直接アコギなことをやらかした痴漢がつかまったとしても、手を汚していない主催者=トカゲのしっぽになって終わる(と思う)。

 

でも、暗闇の魅力(魔力?)を試したいなら、混浴露天風呂なんかは照明をやめれば僕はつかりたいでござる。タオルを巻く必要もなくなるから。
満月の夜は料金アップで、新月、雨の夜はタダ。とメリハリをつけてもいい。

としても、赤外線ムービーで撮られている可能性が大いにあるから、いまどき真っ暗闇は本当の闇ではないのですよ。

 

真っ暗だと信じ込まされてちゃっかり撮られている乙女のモニタリング企画は罪なイベントだが、盗撮赤外線動画を米国、中国、日本、EU、と比較すると、それなりにおもしろい研究素材にはなりそうな…

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
2017年06月22日のつぶやき
23:34
祝アイワ復活!!!! https://t.co/RnJaOTz7jM #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
祝アイワ復活!!!!

 

日経新聞トップに出てもおかしくない朗報なのに、昨日ひっそり神戸新聞だけに出ていたアイワ復活劇

通ならわかる十和田オーディオの技術力あっての日本ブランド再生(の可能性)である!

 

シャープの亀山、IBM の相模、パナソニックの堺、と大量生産されている工業製品なのに産地がオーラをまとってマニヤの琴線をくすぐる伝説は、たしかに存在する。営業面だけ見ている消費者なら、門真、守口、平野、北品川・・・と「代名詞」をあげれば社名ぐらいは出てくる。

 

マニヤの中のおマニヤさまなら、十和田オーディオの威光は期待せずにいられない。うちにも、十和田製スカイセンサーがあるもんね。

あくまでも十和田オーディオはソニーの「協力会社」で、アイワは子会社。

 

ソニーは東通工時代から日本のオーディオを世界ブランドにのしあげた立役者だったが、なにぶん高級ブランドだから手が届かない少年はホゾを噛んでいた。うちは幸い亡父が熱烈ソニー党だったから、スカイセンサーは買ってもらえたが、オーディオになるとアンプだデッキだスピーカーだといもづる式に欲望がふくらむから、廉価版を買い与えられるのがお決まりコース。

 

そこで、マイ・カセットデッキはアイワの AD-5200 という平たい入門機だった。これはこれで、とても使いやすくて、デザインも古びないエレガントなお姿であった。確か、弟のラジカセもアイワだったように思う。

 

中途半端にマニヤだった僕はラジカセという形には飛びつかなかったが、働きはじめてから安くて高性能なアイワのカセットボーイやら CD ウォークマンやらは愛用してきた。

親会社との市場食い合いを避けてアイワはオーディオから撤退したようだが、その御本家ソニーさんが AV 部門を収縮するご時世。

 

だからこそ、アイワさんにはカセット・オーディオを再生させてほしい。ソニーさんの DNA を移植してもらって、BCL ラジオもあり。

ただ、往年のアイワさんの営業戦略は、どうにもこうにもパッとしなかった。親会社を食ってしまうほど暴れるわけにもいかなかっただろうが、ソニーは値引きさせないかわりにアイワは家電量販店で目玉プライスをつけられがちな宿命も背負っていた。そんな哀愁のブランドなんである。

 

新しいことはしなくていい。 シャープがノートパソコンでコケたような、ケンウッドがビクターと仮面結婚したような、VAIO が捨て子になってしまったような、あれやこれやの家電業界の轍を踏むことなく、マニヤの財布をピンポイントで狙ったような製品を開発してもらえれば、それでいい。

原動力は十和田オーディオの技術力だから、AV 機器が主戦力になるか。 ハイレゾ市場に打って出るのは宣言されているようだが・・・

「アイワのスマホ」なんて負け戦には出てほしくないな。

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0)
2017年06月21日のつぶやき
23:15
通勤快速は徐行程度ですんだ https://t.co/HcuTsB9SxC #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
通勤快速は徐行程度ですんだ

 

出勤する道すがら、雨はほとんどやんでいたが、JRのダイヤは乱れていた。
そして、新幹線はブチブチあちこちでストップ。

 

夕方、仕事上がりで改札横を通ると、どの窓口にも長蛇の列ができている。2時間以上の遅れで特急券は払い戻しだから。

でも、2時間以上も延着した上、列に並んでいる客は、よほど時間に余裕があるんでしょうな。
構内アナウンスでも、延着証明か何かをもらって後日精算できますよ〜と呼びかけているのに、並ぶ。
払い戻しは正当な取り分だから堂々ともらえばいいとはいえ、並んでるヒマがあれば、ほかのことできるやろ?とも思う。おせっかいですが。

 

よく延着で駅員に食ってかかっているクレーマーを改札口で横目で見過ごしながら苦笑してしまうのだが、「結局あんたヒマなんやね。延着して何か損害あるのか?」とつっこむ・・・
と火に油を注ぐだけだから、哀れむだけでスルーする。

 

天変地異で変に空いてしまった時間(アポが流れてしまったとしても、仕事が延期になったとしても)は、楽しく前向きにすごす方法を考えるのが文明人でしょうよ。

よしんば、雨を無視して運転して事故ると、またクレーマーは「なんで運行するのだ!」とクレームを叫ぶに決まってるんだから。

 

夜には、また別の区間で新幹線が立ち往生している。
終電超えの延着になると、ワクワクする列車ホテルではないか。軽食、寝床、毛布も出てきて、特急券払い戻し。もう、パラダイスではありませんか。
新幹線で夜行体験(動いてないけど)できるなんて幸運は、僕はまだ未経験であーる。

 

大雨のしわざだから、JRを恨んでもしかたない。
せいぜい、列車ホテルの「ルームメイト」と出会いを楽しみ、宴会モードに突入した方が収穫もありそうですやん。
悪趣味な「走る賽銭箱」トワイライト瑞風より、列車ホテルの方が希少価値があるぞ。コストパフォーマンスは抜群だし。
なんか、おかしいかね?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0)
2017年06月20日のつぶやき
23:58
出征夫を送り出す諄子おばちゃんの名演技 https://t.co/CZ7rWuH8G7 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
出征夫を送り出す諄子おばちゃんの名演技

 

籠池王国に、検察の捜索差し押さえが入った長い夜。
前夜から潜入していた MBS のカメラは、検察はこうやってガサ入れするのか〜とわかる絶妙のアングルで録画していた。検察事務官たちはカメラを排除しようとしていたけど。

 

いやーしかし、諄子おばちゃんのキャラクターは「劇場型捜査」を演出してくれるアカデミー助演女優賞もの。
「お父さんは、国に命を差し出しにいくんやから」と、出征兵士を見送る糟糠の妻が降臨していた。捜索差押令状も、赤紙に見えたようだ。

 

あげく、「これ、お父さんに持たせる下着のセット6個。この人、白しか着ないから」と、パンツからステテコから MBS に開陳して、「やてめくれよー」と大将も苦笑い。

きっと、あの夫婦は強制捜査前夜に今生の別れを確信して、熱〜い一夜を共にしたことでしょう(^^)/

 

ところが、けさのドタバタは逮捕令状の執行劇ではなかった。
あの下着セットは、宙に浮いたままではないか。アララララ〜
「特捜部さん、預かっといてもらえませんか」と、ステテコ6セットを託されても困るだろうが、その気マンマンでいるんだから、期待に応えて出頭いただけばどうでしょ?もちろん、夫婦そろって。

 

大将が「国策捜査だ!」と非難していたのが本当なら、籠池劇場だけの捜査で幕引きになりかねないからこそ、あの一家をしょっぴいて財務省、国交省お咎めなしで終わるわけにはいかない。役所にもメスを入れますよ!の予告なら、次は近畿財務局、大阪航空局ですな。
役所と官邸のルートの方が、事件の核心であることは高校生でも見抜いている。

 

だから、籠池一家を締め上げすぎると、かえって同情が集まり、森友学園には寄付金が集まり、保育士さんがそろい、新理事長にプロポーズする男たちが群がり・・・
なんて怪我の功名が、起きるかどうか??


諄子おばちゃんには、もっとぶっ飛んで大立ち回りを演じていただきたいものだ。
「お父さん」が日章旗のハチマキをして逮捕状執行を迎え撃つシーンは、今度は ABC が独占中継するか?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/391PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS