solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
琉球大学前駅はいつできる?

 

 

私鉄の営業の一環か、英断なのか、石橋阪大前駅ですか・・・
阪急さん、それなら今津線に関西学院前駅、神戸女学院前駅をお願いできませんかねぇ。


JR は、新設の甲南山手駅で甲南学園をリスペクト(?)した。六甲道駅が「神戸大学前」には・・・これは難しいか。「前は詐欺やん!!と泣かれるほど登山を要求するのが神戸大学だから。

 

駅名に大学名がつくと、「文教地区」ブランドが不動産価値を上げる。
の法則が万能なら、あっちこっち学園前ブームになるぞ。

 

そうはならないのが京都大学前、東京大学前である。駒場東大前という駅があったような気もするけど、京大は百万遍バス停が代名詞かな。

そう、知の殿堂が地名と一体化してこそ、駅名バス停名は「化粧」しなくても価値が出るのだ。
また、駅名から自然にキャンパスが連想されると、学校名をつける必要がない。花の香りの門戸厄神駅とか(こだわるなぁ)。

 

「石橋に通学してました」という人の母校がわかる人は、まず関東にはいないし、関西でも「???」反応が7割、「阪大ですね」が3割というところか。

オックスフォード駅前からオックスフォード大学が出ていくようなことはないと思うが、日本では学芸大学前から学芸大が移転してしまうような悲劇もある。

 

駅名に学園名をつけて、あわよくば子供の通学が楽になると目論んでいる家族は、確実に残る駅前に家を構えなくてはイケマセン。

でも、わかる人だけわかればいい、と達観している人には、「前駅」のない立命館、関学、東大京大をオススメしたい。
駅名マニヤ限定ですが(苦笑)。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0)
性のステレオタイプを broadcast するメディアの貧困問題

 

先輩局長から、唐突にメールへの返信電話をもらった。
「メールお返ししよかなと思たんやけど、懐かしいな、と」
やんちゃ学生時代を憶えていてくれて、今度一杯やりましょ話がまとまった。

 

存続を心配している気配さえ伝わってくる本職のお話はここでは割愛するとして、あらためて「例の番組」が報道番組やったのね、と今さらながらわかった。
そこに、お笑いタレントが街角レポートをする。しかも生で。
ハイリスクな番組づくりですな。

 

お笑い番組なら人権侵害 OK とはいわんが、およそ電波メディアでしゃべる報道マン(あ、Politically Correct にいうなら報道パーソンね)なら、全方位ツッコミを覚悟で説明責任を背負っている。「悪意はありません」と弁解しても、差別の方程式に言葉を入れると、あれもこれも使えなくなる。

 

僕が「特定少数客」の閉ざされた場で試験的に例に出す言葉に、「高級○○」「名門○○」がある。
もし放送現場に立ち会ったとき、こんな他愛ない言葉を耳にすると、僕の中の若一さん(笑)が起動するね。
「低級住宅地はどこやと思います?」
「コネで入れる大学が名門ですか?」
とかなんとか。

 

まぁ、そんなツッコミをい一度でも入れると、「ややこしいコメンテーター」として二度と呼ばれなくなることはないだろうから、僕は職業コメンテーターにはなれない。食っていけない。

 

「障害者」もナイーブな言葉で、使用基準(メディアごとにバラバラ)もなかなかスッキリ腑に落ちない。
LGBT になると、自分はマジョリティなのかどうか、もっと自信がなくなる。いや、男好きの男でござい、と虚言カミングアウトをするつもりはなく、普通に「女好きの男」なのだが、混浴は絶対にいやだし、女給(古いね)に酌される店も行かないし、悩殺ポーズとか悩殺ファッションとやらには「もう、ごっつぁんです」。

 

性別の多様性を若一さんに提起された、いい機会でもある。
さんざん「スケベな男と被害女性」の鋳型を使いまわしてきたテレビ業界は、もう少し広い視点から絵づくりを考えてもいいのにね。もちろん、犯罪被害や人権侵害はちゃんと追及して。

 

「若い女の子がお好きでしょ」と勝手に性癖を決めつけてくるのは、同性だけではなく異性でもしかけてくる常套手段だ。
そんなステレオタイプを拡大再生産してきた最大のメディアが、テレビでしたよね。

 

それが一朝一夕に変わるとは思えないが、4K8K時代に整形美人、植毛イケメンがどんどんバレて、新しい人気の基準が生まれるなら、それもいいでしょう。
アンミカの顔面塗装が厚く厚くなっていくのは閉口しつつ・・・(失敬!)
素人の性別ボーダーのプライバシーを剥がす芸人には、「あなた、むけてます?長持ちします?」と露骨に突っ込んでやればいいのだ。
芸人はその覚悟ができてこそプロですぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
2019年05月17日のつぶやき
23:54
夜行バス乗り継ぎ旅になると、エビスさん車中死? https://t.co/TbIERcgnJ9 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
夜行バス乗り継ぎ旅になると、エビスさん車中死?

 

やっぱり太川蛭子は電車ではなくバスでしょ!と思った(書いた)のは僕だけではなかったようで、昨夜バス旅が復活した。
さすがに、緊急タクシーも可、と条件がゆるくなったのは黒エビス懐柔策(?)でもあって、あまり歩かせると虐待番組になってしまう。

 

そこまでやさしくしてあげるなら、週1のレギュラー化はきつくないかね?
年2〜3回ならお祭り気分でこなせるかもしれんが、毎週バス旅番組ロケだと、きついわなぁ…。エビスさんに同情してしまう。

 

それに、昨夜のマドンナ役は 11PM (もう忘れたれよって?)かたせ梨乃、しょこたんが入れ代わり立ち代わり。もう、一緒に苦労する旅ロケではなく、「あの黒エビス」を見物しにきたような・・・しょこたんも口がうまいしね。

 

復活1発目ロケは、特に感動も珍事もなく無事にゴールインできたのも、予定調和すぎる。毎週こんなのだと、飽きられること必至。
コースのとりかたが、まるで原宿放送局の大河ドラマが毎年どこかの県の村おこしになっているように、企画会議も大変ですわな。
もう、どこか一周モノは手垢がついとるし、「2つの海を結ぶ」もさんざん使われてきたからねぇ。

 

マドンナのパート出演もやめにして、ちゃんと黒エビスさんと旅先の夜を過ごす、少しヒマめのタレントを起用しましょう(しょこたんは正解だ)。
市川紗椰なんか、どうでしょ?
太川リーダーに「そのコースは賢明じゃないですね」とかなんとか、新しい展開になるのもあり。

夜行バス、高速バスを解禁するのもマンネリ打開策になるかも…

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

見た聴いた受信した(メディア評) | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
タワマンよりメタセコイヤを(笑)

 

福岡市に抜かれ、川崎市に抜かれ、人口回復に躍起になっている神戸市の、今の市長慧眼の持ち主だ。
なんだか川崎市を挑発しているようにも聞こえるが・・・
「まぁそこまで数万人の差にヤキモキして、タワマンぽんぽん建てんでもええんちゃいますか」
が根っからの神戸っ子のホンネだろう。大賛成。

 

人口が減ると、人口あたりの公園面積は分母が小さくなるから、栄光の「公園都市」は安泰でござる。
添付データは国交省の統計で、「都市公園等」を人口で割った値。瀬戸内海国立公園は入っていない。
つまり、市民は近所の公園だけでなく六甲山を享受できるのだ(神戸市民と芦屋市民の共有財産といえるかな)。

 

タワマンを何百軒と建てれば、人口は増えるでしょうよ。でも、摩天楼はいらない。景観も台無しになる。入居者も、窓からの眺めを謳歌していたら目の前に新築マンションが建って後悔することになる。
夜景は山に登って愉しめばいいのだ。

 

海からの景観を重視しているのも神戸市役所の着眼点で、神戸空港も海上空港だから、海(青)と街(白)と六甲山(緑)のトリコロールが文化資本になっている。そこに、杭(タワマン)を打たんでよろしい!

 

ただ、やはり今日のニュースで、県庁舎の建て替え青写真が公表されていて、2号館はホテル+αの商業施設になるようだ。
1号館は新県庁、3号館(県議会)はそのままだのようだから、県営ホテルにでもなるのか?
くれぐれも、バベルの塔みたいな無用の長物にならないよう、祈るばかり。
下山手通5丁目は買い物をするような街ではないから、ここにこそ兵庫県立大学をもってきたらいいのにね、と思いますぞ。

 

マンション乱立は最悪の無策だ。
転売ヤーが増えるだけ。
そんな賭け事は、万博とカジノに浮かれている某市にやらせておいて、静かにアーバンリゾート暮らしを満喫できた方がいい。
たぶん、福岡市民も川崎市民もそのうち目覚めると思いますな。
岡本太郎センセイも、判で突いたような街は…バクハツだ!!と雲の上で怒っているかもしれませんよ。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0)
2019年05月15日のつぶやき
23:36
はにわ課長は月500時間ほど世界おもてなし残業! https://t.co/hbI8qKNt6n #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
はにわ課長は月500時間ほど世界おもてなし残業!

 

百舌鳥古市が世界遺産ですね!と古墳愛好家に祝電を打ったら、「ほとんど歩いてきた古墳群ですやん」と返ってきた。
そうか、そういえばずいぶん古墳(を結ぶ道路)を踏み荒らしてきたっけ。いまだに名前と場所が結びつかんところが大半だが。

まだ数十ヶ所程度の歩き観察から感じたのは、権力者は寂しいのか、丘の上や森の中にではなく平らな集落にどーんと墓を構えている。
だから、歩きやすい。
のわりに、散策する人は少ない。

インバウンドに会うことも、あったっけ?と思うほど、古墳マニヤの散歩道にしかなっとらん。
それが静かでいいのだ、と思うマニヤも多いだろうが、自治体は経済効果をあてこんで売りこみに必死。その成果が出たわけで、とりあえずおめでとう。

さて、これから整備も本腰を入れてもらわにゃ。
歩くだけなら、「森と堀と門」の3点セットはだいたい共通。1つ見れば、古墳と共存する都市の姿はわかる。
やっぱり、スケールをつかむには鳥瞰してみないとな〜

格別に高いビルも展望台もないから、全体を見渡せる工夫はしてほしいもんである。ブルジュ・サカイは金かかるね。
ビルがだめなら、高い山のふもとへ古墳に引っ越してもらう。それなら見える。
応神天皇陵を訪ねたら、「ここに引っ越しました」と案内看板が立っていたりするかもしれない(笑)。
古墳の誘致とか、分譲とか・・・新築までしてしまうと槍杉だから、古墳が見やすい山でも盛りますか?
 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

こんな日でした(日記) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
マリオット・カンポができる希望ww

 

いまさら小泉竹中政治を恨んでもしかたない…けど、かんぽの宿 11 ヶ所が切り捨てられる。ゆくゆくは、すべて手放すことになるのだろう。
既定路線はわかっとる。郵政省がなくなって、かんぽの宿が存続しているのが不思議なことだから。

 

逓信省の病院で産湯をつかい、家族旅行は当然かんぽの宿。家の延長みたいなネットワークが全国にあった。
大人になってからは、簡易保険で貯金 30 %増に成功した以外、逓信病院もかんぽの宿も使ったことはない。

 

国民休暇村と同じで、経営する気があるのかないのか、営業も宣伝もプロがいない。収益を上げて成長する発想を持たないまま、親方日の丸から抜け出せなかった結果が身売り。

 

そのへんは、外圧に屈した郵貯&簡保と少し事情は違うとはいえ、箱根や別府の宿も採算を改善できなかったのは「武家の商法」の落とし前というしかない。

観光一等地だから、ノウハウを持つ企業が引き継げばいいと思うけど、少し寂しいといえば寂しい。
湯快リゾートや星野リゾートが手をあげるかもしれませんな。

 

ただ、もしかすると、「ここにあってよかった」と思えるナンバー1の立地は有馬温泉かんぽの宿かもしれない。
「いかにも奥座敷」のいい場所にあるし(六甲有馬ロープウェイにも近い)、設備は最新できれい。
金の湯銀の湯が、インバウンドの長蛇の列になっていて追い返されたとき、かんぽの宿は良心的な料金でゆったり日帰り入浴できた。

知名度の低さが幸いしたわけで、有馬かんぽの宿だけは、「知る人ぞ知る」のままでいいとさえ思いましたぞ。
そういう路線で売る戦術を考えてもいいのにね。

 

「かんぽ」どころか、簡易保険も郵便貯金も、国民生活に果たしてきた役目を知らない世代も増えている。
温泉旅館と郵便局と病院を合体したザ・逓信ランド(笑)でも建造してみせてくれませんかね?
泊まりにいくかどうかと聞かれれば、ふたつ返事でとはいかないが^^;

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0)
2019年05月13日のつぶやき
23:13
弁護士も女子穴も飾りでしten https://t.co/SOADOxBOmL #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
弁護士も女子穴も飾りでしten

 

さすが若一さん! ten でスタッフを叱責した方向は正しい。
全国ニュースになったおかげで、関西のご意見番は上沼恵美子だけでないことが、知れ渡った。

タレントが、ノリで性別ボーダーをからかうのは感心できんとしても、ままあることですわな。
現場でディレクターが指示したのかどうかも、要検証やね。あらためて検証レポートを待ちたい。
 

ディレクターの役割は重い。「演出」も「非演出」も、ディレクターの胸三寸だ。

かねてより噂のリアル青木君に戻った桂小枝に、僕が ABC スタジオで秘密を暴露された場面でも、僕が制作会社スタッフに目線を振った意味を察してか、オンエアではカットされていた。賢明な編集をしてなければ、性的マイノリティよりケタちがいに多い視聴者を敵に回すことになっただろう。
制作側に想像力があれば、わかること。

その場の「ローカル同意」があったとしても(苦笑いはテレビでは同意扱いされるようだ)、そのままオンエアすると波及効果は大きい。
メディアの暴力性は、釈迦に説法だろうけど、鈍感になっていたなら、お勉強しなおすいい機会だ。

もっとも、売り売りテレビとしては、損失も考えないわけにはいかんわな。「代理受傷」したような気になった視聴者が ten のスポンサーの不買運動に傾く方が、尾を引く痛手かもしれない。
芸人でもない一般人にこういうことをする局なんや、と誤解され…いやバレると、街角ロケもしにくくなるし。

失言や失態は、神様でない以上だれでもやってしまうことだから、フォローをどうするかに人格なり社格(?)なりが出てくると思う。
放送スタジオにいて笑って傍観していた MC は、もうアナウンサー失格。
元女子穴で弁護士に転職したおばさまは、あなた自身がテレビの雑なノリノリ企画で瀕死の重傷を負った経験者ではなかったかね?
まともな発言をした唯一のジャーナリスト若一さんが、もし番組から降ろされることになると、売り売りテレビの自浄能力はない。

さすがに今日の ten 冒頭では、そろって喪服で横イチおじぎ芸をしていたが、しのぶの涙声は女優やの〜!!と感心させられるばかりで、なんかピンぼけしている。快楽提供番組なら「不快な思いをさせてごめんなさい」でいいけど、快・不快の問題ではないよね。

もちろん、人権問題としてとらえております!と大見栄を切って(?)報道局長も喪服で登場。
これが、あ〜ら懐かしや!!の先輩であった(笑)。

2年で落とした体育の単位を3年のスキー合宿で高速取得しようと出かけた信州の宿で、4年生、6年生とぶちこまれた落第部屋のルームメイト。卒業は同じ年になったので、卒アルでも共演している。
落第部屋は、夜はもちろん修羅場となり、2年生女子を集める係を先輩に命じられた。
合宿後も大阪で飲みサーが続き、下僕はやはり同じ役をやらされた。
あ、そんなことやってるから「後輩と一緒に卒業」になったんですかね?

ただ行動力のあるナイスガイのような風格はあったので、さりげなく口にしていたマスコミ志望は実現なさった。後に NNN 特派員としてユーゴスラビアの紛争地からヘルメットとマイク姿で画面に映っておられたが、地元局に戻って出世なさったもんだ。

戦争報道とはスケールがちがうローカル番組で、目配りができていなかったのか。それとも制作会社に丸投げしてチェックをさぼっていたのか、ともかくノリが人権に勝る会社をも、もうすぐ定年。
どこかの私大に天下って、人権を語りますか・・・


 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

見た聴いた受信した(メディア評) | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/521PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS