solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
2018年02月20日のつぶやき
23:37
雪山には、マリンウェアで https://t.co/Z2OCD9x0q3 #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
雪山には、マリンウェアで
 
シーズン終わりの在庫処分を狙って、ワタクシのような貧困スキーヤーは暗躍する。
偏光ゴーグルも安く仕入れた…けど、週明けに1K円下がっていたのは痛恨の勇み足であった!

ラス1になっているスキーパンツが、も少し下がらんかな〜とウォッチしていたのも飽きたので、こちらは4割引きで手を打った。
もう10年は使っている月並みパンツは、白だったはずがグレーになっているもんで…

今どきのスキーパンツは、ボーダーファッションが主流で、わりと地味なアースカラーが多いので悪い印象はない。ほんと、おっさんの作業着みたいな色と形ですやん。
むしろ、バブルな時代の極彩色は、メタリックやら蛍光やらギラギラチカチカして、悪しきバブル遺産だった。

色柄はともかく、つくりがずいぶん変わっているのも戸惑う。
たとえば、いまどきボーダーパンツ、スキーパンツに、もうサスペンダーはついてない。サロペット・スタイルは、どんな動きをしても脱げることはないのはよかった反面、「脱ぐ用足し」をもよおしてきたら大変だ。
だから、普通のズボン型がいい。

もっと違和感があるのは、中綿が基本的に入ってないトレンド。
シンサレートのような薄い高機能保温剤がはさまれていた「昔パンツ」は、探せばあるものの、9割がたペランと薄い防水透湿ファブリックだけ。
下にはタイツはいてくれ、ということか・・・それも消費者の好みなんですかね?

てなわけで、らくだのパッチは別に買わされることになったペラッペラのパンツは、オーシャンブルーのヘリーハンセン。まるでマリンウェアのような雪山ウェアだが(笑)・・・妙にジャストフィットしたのはヘリーハンセンだったから、さすが海の男を知り尽くしている会社ですな(これスキーパンツやっちゅうの)。

さて、一番肝心かなめのブーツがそろそろ寿命である。いつ破断してもおかしくない酷使に耐えてきたモーグル用ブーツの後継機は、探すのが難しい。足にジャストフィットしてもらうのは当然で、命を預けるような、体の一部だから。
イタリアの靴作りにはさすがと思うところもあるので、うまい安い速いブーツを探す旅が、再び始まった浅い春である。


 

JUGEMテーマ:日記・一般

買いました(むだづかい) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月19日のつぶやき
23:36
六甲ケーブル vs 摩耶ケーブル? https://t.co/3qRIDsgY2i #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
六甲ケーブル vs 摩耶ケーブル?

 

そういえば、「摩耶ケーブル下」行きの市バスは昔からよく三宮で見かけるけど、六甲ケーブルまでのバスが三宮から出てないのはなんでやねん?
と地元民が半世紀にわたってかかえてきた疑問に、ようやく市が重い腰と鈍い頭をあげたようだ。

 

六甲山は半分(かそれ以上)芦屋市の山、と見放していたわけでもないだろうが、開発は阪神電車と阪急電車が熱心にやってきたから、阪神御影駅と阪急六甲駅からバスは通じている。

去年それに乗ってみて気づいたのは、ケーブルカー駅へのアクセスというより、終点付近もびっしり住宅地になっている眺めで、これはバス路線1本では不便でしかたないやろ、と住民に同情したね。
阪急六甲より三宮に一本で出られる方が、住宅地としての価値は高まること必至。

 

市役所は逆の発想で、観光客を三宮から直でケーブルカーにつなぎたい、とりあえず観光シーズン限定で社会実験してみるか、と石頭に風穴をあけたようだ。ヤレヤレ…


できれば山頂まで市バスを走らせると、ケーブルカーもロープウェイも客が減ってしまうから、公共の足の使い勝手は役所の思惑でがんじがらめになっているのが現状。
まぁこれはこれで、乗り物好きにはいいのだが、神戸市交通局より阪急阪神ホールディングスの方が六甲山ツーリストにはやさしい商品展開をいろいろやってくれている。

 

摩耶山は、どっぷり市内(灘区)にあるから、もすこし観光 PR を熱心にやってもいいのでは?と思うのに、ケーブルカーで登ってもその先は登山!するしかない。あんまり下手な開発をして自然破壊するのもどうかと思うので、世界からお越しいただくハイカー、トレッカーのためにビジターセンターのようなものを山麓に開くべきですな。新神戸にさえないからなぁ…

 

ともあれ、摩耶ケーブルと六甲ケーブルを通って梅田まで(笑)神戸市バスが走る攻めの行政戦略に期待するとしよう。
ライバルは阪急阪神ホールディングスかな?

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月18日のつぶやき
23:54
○○してみた系 https://t.co/eKcQT6aanG #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
○○してみた系

池の水を抜くだけの番組が妙に伊集院光を萌えさせている理由が、僕にはどうもピンとこなかった。
今夜たまたま見てしまった「空き家つぶします」も、やってみた系の企画なんだろうけど、「なんということでしょうビフォーアフター」とはちがう切り口で、なるほどね〜そう切ってくるか〜とわかった気分。

解体するだけっちゃーだけなのだが、お隣りと実は壁を共有するニコイチ建物だったりすることがわかった。
そのへんは、うまいことスライスして空き家だけ撤去することに成功。

イヤハヤ最近の解体業は仕事が細かいね!と関心する一方、建て替えまで追わない番組だから、空き地ができただけ。この眺めが、シュールでいい。
池の水も、抜いてみたらだれも見たことがないような眺めがウリだからな〜

想像できない眺めシリーズには、出現タイプと消滅タイプがあって、廃墟や空き家をつぶすとこざっぱりした眺めが現れる。
もっと巨大な出現タイプは、海、山、川、湖沼だろう。
大阪のどこかで、建設残土を不法投棄された街が、「崩れそうで怖い」と訴えている気の毒な事件があったが、ちゃんと設計してのことなら、「山ができてみた」なんてのも、奇抜でときめきますわ。
山が消えることは全国各地にあるけど、空き地が山になるのは散歩コースにもなっていいし。

逆に、建った直後は目障りでしかたなかったタワマンの類が、見慣れてしまうと気にならなくなるのは怖い。非難轟々を浴びながら建ってしまった京都タワーでさえ、もう今さら「いつ撤去するんどす?」という市民はいない。
「商業建築は、すべて仮設なんです」と指摘する坂茂さんの建築思想は、真理を突いていると思う。

この調子で、「撤去してみた」シリーズを拡大してみせてほしいもんである。
車道も、クルマをどけるだけでホコ天が出現する快感に、日本人はもう50年近くなじんできたはずだし。







 
こんな日でした(日記) | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月17日のつぶやき
23:28
あとは九州環状線しかない https://t.co/9dfenUYt0D #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
あとは九州環状線しかない


来月のダイヤ改定(改正とはいわんよ)で、JR 九州が新幹線を含む全路線を減便、無人駅も増やしてコストカットするとよ!
の悲報にテツが嘆いている。

いや、テツだけでなく通勤通学通院客が困るでしょ。


裏返せば、テツ向けの設備投資が重荷になってるんちゃいますか?財務諸表の分析までできませんが。

水戸岡鋭治さんにデザインを依頼したり、周遊特急を企画したりと、いろいろ工夫はしているのはわかる。にわかに話題にはなっても、コンスタントに毎日毎日乗ってくれる客が増えないと、財務基盤が強くならんわな。
ちょっと観光列車に色気を出しすぎたんではないやろか?

 

本州にも赤字線はあちこちにあるが、3島の JR は国策でテコ入れでもしないと、打つ手がないローカル線も多い。
赤字線をカットして、ブチブチ分断されてきた過疎地の路線図は、無残な姿になっとるもんな〜

 

高速道路は、「通行量の少ないこの区間を切ります」なんてことはしない。むしろ、基幹線とつないで通行増を考える。つながっていることが、道路の価値なんだから。
ところが鉄道は盲腸を切ったり、逆に盲腸を残したり変なことばかりしている。そんなことをしても、カットしなかった線区が黒字化するなんてことは決してないのに。

 

九州の救いは、まだ一周できる路線が残っていること(四国は切れてしまった)。大分、宮崎が新幹線から見放されて気の毒な運命をたどっているものの、逆境をはねかえすべく(?)フェリーに力を入れているのは怪我の功名かな。
外とどうつながるか?も大事だが、九州内で団結する策もありまっせ。大環状線にして一本つないで走るとか。

 

京阪神が一直線ルートで JR と私鉄が競い合っているのとはちがって、九州はおもしろい街が輪っか状に位置している。
グルグル回れたらすべての県がお互いの価値を高め合うことになると思うがなぁ。
長崎は盲腸っぽいが、天草を経由して鹿児島へつながればいいのだ。

 

台湾ぐらいのスケールの島を一周すると、まる1日はかかりそうだから、当然ブルトレでしょ。
小倉スタート便と鹿児島スタート便を毎日同時発車させると、見える風景もちがうだろうな〜
車内インテリアなんか二の次でいいから、「魅力的な路線」を開拓してほしいもんである。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
2018年02月16日のつぶやき
23:36
血は濃厚サラサラ https://t.co/XdxLmXRi5W #jugem_blog
こんな日でした(日記) | 03:10 | - | -
血は濃厚サラサラ

 

血液データが届いた。
過去5回の検査データがついてくるものの、あんまり変わり映えせんな〜と安心するやら退屈するやら。

 

どの項目も「要診察」はない範囲ながら、肝臓の数値はベスト更新、赤血球は最多で白血球は最少。さぞかし血は真っ赤っ赤なのであろう。
月曜日に山で顔からスリップ転倒した傷はまだ額と鼻に残っているが。

 

ちょうど母が退院して、山のような薬をもらってきたので、仕分けして袋詰め作業をしてきた。
ふだんは、あちこちの単科クリニックに忙しくかかっていたので、やはり病院で総合的に診てもらった方が、システマチックな処方を受けられるのはメリットかもしれない。骨だけでなく、胃腸や血圧の薬も調剤してもらったので。

 

薬も病院も大好きな親の血を、なぜプッツリ引いていないのか不思議なほど、僕は薬も検診も嫌いで(さすがにビックリ腰は修理してもらったけど)、素人養生に努めている。「病院は病気になる場所」とさえ確信しているので、近寄らないようにしてきたし、うがい手洗い顔洗いは欠かさない。
やっぱり、うまいもん食って血肉になるのがイージーで楽ちんなんである。

 

山仲間ホリエモンの配偶者は栄養士なので、医食同源をどう実践しているのか、一度レクチャーしてもらいたいと思いつつ、もう何年もお目にかかってない。一度、肉不足をたしなめられたことがあったので、体の声が「ニク食いたい!」と叫べば食べる程度。
月曜夜はカルビ祭りに興じてきたのだが、何年かぶりの焼き肉屋だった。焼き肉に誘ってくれるのは、肉食の兄と働き蜂ホリエモンぐらいだ。
これはこれでありがたく、おいしくいただいた。

 

そして翌日、翌々日ぐらいは、朝起きると顔が脂ぎっている。これは体が脂を排出しようとしているのか、中年として正常な脂ギッシュなのかはわからん。そういえば、タッチパネルが指を認識してくれなことも多いから、よほどカサカサになっているわけか・・・
体重は1年で2kgほど減っているので、脂肪より水分が抜けているだけかもな〜

 

てな健康状態で、うららかな春休みを満喫している日々。
夜道で出会う猫に友達を紹介してもらって、最近は3匹つつつーと集まってきて遊んでくれるようになった。底冷えすることもなくなったので、夜道に座り込んで話が弾む弾む(笑)。
恋の川筋の新しい友だち話は、またあらためて。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/437PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS