solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
コーフン度は世界遺産に少しかなわなかった古墳たち

 

早起きして2時間かけて近鉄桜井へ、えっちらおっちら古墳めぐり遠足。
好天に恵まれて、ウォーキングは順調だったが、今回の古墳は少し地味めだった。
桜井から茶臼山古墳メスリ山古墳を時計回りに歩き、電車で橿原まで移動して丸山古墳でフィナーレ。

 

どの古墳も濠がなく、奥まで立ち入れるので神秘的な感じは薄い。
丸山古墳は、被葬者が欽明天皇なのか蘇我稲目なのか、地元では熱い議論が続いているようで、観光ボランティアの博識紳士は「私は蘇我稲目やとにらんどるんですが!!」と力説なさっている。

 

それほど歴史的に著名な人物が葬られていた(?)わりに、見晴らしのいい丘ぐらいの風情で住宅地に溶けこんでいるのが不思議。

いや、住宅地が侵食しているわけで、市は宅地を買い取って史跡の復元再整備を進めているんだそうな。


ガイドさんに、
「近所の子供がかくれんぼしたり、暴走族がバイクで踏み荒らしたりしないもんでしょうか?」と尋ねてみると、
「今どき、そんな元気な若者いませんわ」と笑っておられる。
中高生のデートコースとしては、静かでいいと思うのに、古代ロマンの迫力が令和の鯉のロマンを圧倒してしまうから、怖気づいてしまうかも。

 

案内看板も日英中韓で書いてあってウェルカム・モードなのだが、まだインバウンドたちの関心は平城京から平安京までさかのぼってきたかな〜?ぐらいのレベルで、古墳時代までたどりついていない。
橿原も桜井も、古墳の宝庫なのにね。

 

桜井から毎朝6時起きで阪神間まで電車通学していたゼミの同級生女子を思い出しつつ、帰りの電車で爆睡してきたのであった。
あ〜よく歩いた。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

旅してきました | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0)
リンクス梅田はさらにハイパーリンクス梅田をめざせ!

 

会議で休日出勤したついでに、ヨドバシ梅田に増築されたリンクスを見て・・・
こようかな?と思ったものの、通勤快速にすぐ座れてしまったので途中下車キャンセル。

もう、さんざんローカル番組でニュースのような宣伝のようなロケ取材をやってるので、店の顔ぶれはわかりました、と。

 

ヨドバシをぐるっと回る陸橋がどうつながっているのかだけ気になったのだが、惜しい!のが阪急梅田駅との接続かな。ここが直結すると、それこそリンクしている感もあったのにね。
回遊デッキは、グランフロントとつながっているみたい。

 

H2Oさんも、駅からヨドバシへ流れてほしくないのか、JR駅ビルとの陸橋は阪急百貨店につないでいて、百貨店をスルーするけしからん客は路上の横断歩道を渡れ、といわんばかり。まぁ、しかたない。
タワーには新阪急ホテルも入っているようだから、梅田スカイビルみたいに御堂筋をまたいで一体化してしまえばいかがでしょ?

 

御堂筋沿いの全日空ビルにニコンサロンがあったころから、御堂筋が分断する梅田の東西はネックだった。
歩道橋はあるから、規制されているわけでもないだろうし、もっと東梅田と西梅田の行き来がしやすくならんかな?地下街は、梅田歴 40 年の身でもいまだに迷いますわ。

 

とりあえずヨドバシに入ってしまえば、フロアはわかりやすいから、もう「ヨドバシ交差点」のようなポジションになっとる。
イヤハ…ヤヨドバシの破竹の勢いはすごいね。

ヨドバシは梅田が全国一の売り上げらしいし、日本橋の凋落に歯止めがかかりまへん。大丈夫か?と心配してしまう。大阪弁メイドカフェと海賊版 DVD が目当てなら南へ(笑)、と変な棲み分けができてしまっとるぞ!

 

とりあえず、退勤後にリンクする日がいつくるかわからんが、「南梅田」の駅前ビル地階にエールを送っておこう。

マヅラがんばれ!!

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)
西野未姫がトドメをさしたエビス太川バス旅

 

しんどかったな…蛭子太川のバス旅2時間。見ててしんどい。
2日がかりでプレイバックしたら、この企画は年内で終わりですと。

 

主人公の黒エビスさんも、収録中にスイッチが切れて「どうにでもして」モードになっているし、トイレを我慢しているのはシニア虐待に近い段取りのまずさ。本当に、健康上の支障が出てくるわな。お気の毒に。

 

今までも、歩きがつらい黒エビスさん対策で、タクシー可にしてみたり、コースを短縮してみたりと配慮されてはいた。

そのかわり、ゲーム性を取り入れたのが災いして、番組がわかりにくくなった。対決スタイルにせんでもええでしょ。

 

マドンナの人選も、元 AKB 西山未姫が負のオーラをぷんぷんさせていて、村井美樹とけんかモード。なんだかんだいいつつ苦笑いで楽しめる番組にもなってなかった。1度目で懲りなかったのか、「元 AKB 」の安易な起用が傷口を深くしてしまった。

 

黒エビスの(ロケを忘れた)マイペースも、だだこねキャラ(いや、本気か)も、太川陽介とマドンナの手綱さばきで笑える進行になっていたのが、やはり加齢の坂道はどうしようもない。リーダーだって還暦だから、もうすぐ黒エビスの苦労が身にしみてわかるかもね。

 

でも、自然体エビスの毒舌も KY ぶりも、捨てがたい。
変にこねくりまわした構成にしなくていいから、のんびりとグレイハウンドバス・ロケに連れ出すとか(虐待か…)、船旅バージョンに宗旨変えするとか、電動バイクに乗ってもらうとか、テレ東さんも知恵をしぼらねばなりませんな。

 

もう、かんべんしてよ〜と悲痛な声も漏れ聞こえてくるけど・・・
しかしあなたの旅は、シニアのお手本なのです!

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:エンターテイメント

 

見た聴いた受信した(メディア評) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0)
三宮ツインタワーが見えてきた

 

決まったからには、ちゃっちゃとやってほしい。
と素朴に思う、三宮ツインタワー第1期開発。坂茂さんのデザインにも期待しているし。

 

便利な三宮図書館も(一時移転するのか?)しばらく利用できなくなるし、なんといってもわが食堂サンパル地下街も終了してしまう。80 年代から、書店や食堂やきっちゃ店(カフェなんてこじゃれた店ではないよ)で半日は過ごせた、庶民のカルチャービルでしたなぁ…

そして、元町大丸まで延々つながる神戸版ダンジョンの東の起点である。

 

地階はまた整備されて、さんちかとつながるはずだが、駅に近いほうの(いまイオンが入っている)第2期開発が後発なので、地下ルートが中断されるかもしれない。わたしゃ地下街歩きが好きなので、ちと寂しい。足がうずくわい(笑)。

大阪の北梅田が歩道橋で「空中回遊」できるようになっているのに、三宮はツギハギ歩道橋しかないので、やはり地下街に期待してしまうのだ。ぜひ「さんちかイースト」といえそうな地下のにぎわいが生まれますように…

 

しかし、ど真ん中の駅ビルの解体工事がスローペースで、みっともないっちゃありゃしない。海側から廃墟が丸見えだし、構内を歩くと工事現場のバリケードが殺風景だし、迂回路も不便。
恥さらしな神戸の玄関口は、ちゃっちゃと爆破して速攻で工事をやってほしいわい(無理か)。

 

交通政策は、市営地下鉄が北神急行を吸収して一本化することが決まったから、これはスマートでいい。
できれば、ポートライナーも抱き込んで、神戸市北区から神戸空港まで一本で乗れる「うみやま地下鉄」になれば楽しいけど・・・これはもっと無理か^^;

 

定住人口減に悩んでいる政財界の思惑は、都市の魅力づくりなのはよくわかる。
わかるけど、ハコモノばかりではなく、空港の規制緩和や、しんてつ+ JR 合体、阪急地下鉄線,etc,etcのアイデア勝負も見たいもんである。
現市長のインテリジェンスなら、できると思いますがね〜

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0)
宝塚市役所は内憂外患

 

4人が合格して 1631 人に挫折感を擦りこむことになった宝塚市の採用試験は、罪つくりやな〜
が率直な感想。
ダメモトで受けた人も多かっただろうが、本気で受けていた人にとっては、まだ氷河期が続いている感じではなかろうか。

 

3人の採用枠も、なんとか捻出したポストだとしても、天下って雪だるま年金をもらっている元職員を隠居させるだけでも、若手ポスト2人分は空くと思うが・・・
市役所改革と、民営化・市場創出は雇用政策の三輪車。役所が氷河期世代を直接救済する策ばかりニュースになるのもアンバランスだわな。

 

宝塚は阪神間の住民にとっても、全国民にとっても同じぐらい、「歌劇」以外に浮かんでくるものがない。歌劇が有名すぎたおかげで、宝塚温泉も清荒神も中山寺もあるのに、少々お気の毒な地方都市ではある。
観光や買い物以外でも、音楽大学のひとつでもあればいいのに、「宝塚大学」は梅田や東京で出稼ぎしている状態。
どうも、静かで真面目でおとなしすぎる(まさに、清く正しく美しく)ベッドタウンが宝塚市なのだ。

 

市役所が町おこしや魅力創生をどう考えているのかも疑問。
とんでもない山奥にも「宝塚暮らし」と銘打ってニュータウンを造成していたりするのは、これまた罪つくりやな〜と思う。
市の繁華街というか街の顔というか、そういうポイントが見当たらないのも清潔すぎる。「遊びにいく」街ではないんよね〜

 

乙女のパワースポット頼みだった宝塚市が、ウェルカムしたのが静かに過ごしたいシニア世代ではなく同性カップルだった。
これで突き進むのも、おもしろいかもしれない。どう経世済民に結びつけられるかは、次の課題ですな。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0)
芸人より素人こそステマの主役

 

週1の学生のプレゼンは毎回おもしろい。
そうか、そんな目のつけどころもあるか…
でも、自分の思考枠組が揺らぐツッコミを受けると、とたんに守りに入る。

 

女子Aが門限の倫理を、女子Bがステマの功罪を調べて、スマホに打ちこんだ台本を必死にプレゼンしていた。
僕のツッコミが、「ぐるなびや食べログで小遣い稼ぎしているのはまだ小さい小さい、中国のインフルエンサーは億単位でヨイショブログ書いてまっせ」と、新しいバイトのすすめになってしまった点は反省しつつ(苦笑)・・・

 

雑談が、「あの店 3.8 あるよ」「なんぼか払えば評価アップするねん」「僕のバイト先、友達がレビューでちゃかしてきよった」とかなんとか、結局レビューが気になってしかたない様子。格付けが大好きなのだ。

 

レビュワーが匿名であるからこそ、ステルス性がついてまわるわけで、個人の感想で店の経営を左右されるのもたまったもんではないねーと同情するばかり。カレー屋でバイトしている学生もいるから、切実だろう。

 

まさかスタッフに客を装ってヨイショを書くよう職務命令が出ていることはないと思うが、している店は必ずあると思う。合法的にできるんだから、「営業のお手伝いしますよ」とささやくステルス代理店も実際ある。店がやれば景表法や消費者契約法に抵触するから、代理業者をはさめばうやむやにできる。

身内のヨイショと、商売敵の中傷が口コミの何割かを占めているのではなかろうか。

 

という可能性がリアルに見えてくると、評価サイト自体の信憑性が揺らいで、ついに閉鎖…となればおもしろいのだが、評価サイトの格付けサイトやら、ステルスレビュワーの証言もどんどん出てきてほしい。


評価を気にする学生自身、やがて就職するであろう病院がレビューにさらされている。

いい病院の評価とは何なのか?
真面目に仕事をしていても「不親切」「無愛想」とけなされるかもしれないし、ヤブと名高い医師のおかげで自分は命拾いしたとか、サービスの評価は一筋縄ではくくれない。運と相性に左右されるから、プラス評価も偶然の産物だし、マイナス評価も不運な結末だろう。

 

対人サービスの評価は、そもそも客観的な評価が難しい。公的な機関が病院評価を公表しているものの、どこまで参考になるやら?
手術件数や医療過誤件数のような外形的な数値は出せても、患者の満足度は別問題だし。

評価は消費者の権利ではあると思うが、サービス提供者とのコミュニケーションが欠けていると、腹いせで「裁いてやれ!」といわんばかりの評価が唐突にネットに撒き散らされる。僕の同僚が個人名をさらされて退職してしまったこともある。

 

広告を見てドクターショッピングする消費者は、昔から歯科や美容整形の「市場」には多かったが(ヨイショ評価もありあり)、このサービス消費モデルが医療福祉(在宅、訪問、通所も含めて)サービスに広がると、一概に悲劇とはいえないまでも、従事者にとってはストレスでしょうなぁ。
明日は我が身・・・
いや、とっくに極悪人よばわりされているのは重々覚悟しているが^^;

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)
東尋坊まで、逃げ得は追いつめまっせ

 

老母が、バックしてきたクルマに触れて転倒した…ところが、無傷ですんだ。
当たったら骨折は避けられない老体だから、驚いてよろけてへたりこんだ感じ。それでも、目撃者もいて警察が人身事故として処理してくれた。

 

「被害者」はかかりつけ医で診てもらって、打撲と見立ててもらったようだが、日を追って別の症状が出てくるかもしれないので、経過観察となった。ケガは大したことがないものの、たまたま平日に欠勤日だった弟が呼ばれて、家族代表として加害者と折衝したのがアンラッキーであった。

 

お人好しで、争いごとを嫌う事なかれ主義者であるから、加害者ペースに乗せられている(苦笑)。
電話で事情を聞いても、すっかり丸めこまれている様子が伝わってきた。

「任意保険に入ってないけど、治療費は払いますと言うてくれとるから、誠実そう。店を構えてる、と名刺もくれたし逃げも隠れもできんでしょ」と。


甘い甘い^^;
示談は書面で交すのが社会常識。治療費と通院費を請求どおりいついつまでに払います、と署名捺印すべし。
これは「いずれ郵送します」とのことだから、様子見しておくとして。

 

が、「任意保険に入ってないんです」に何の意味があるのやら?
同情を買うつもりのウソだとしても、保険会社でもポケットマネーでも借金してでも、加害者サイドから通院治療費を払えばいいだけ。容赦しないよ。

ないものをあるというウソはばれるが、あるものをないというウソは使いやすいのだ。

 

仕事用のワゴン車で事故った自営業者が、無保険とは怪しいぞ。商店会とか同業組合の共済制度もあるんちゃいますのん?

そのへんは、保険会社に人身事故を告知して保険料が引き上げになる損失見込みと、事故を隠して私的に解決する出費を天秤にかけてるのではなかろうか?

 

が意地の悪い僕の読みで、母にそんな話をすると、通院移送してもらっている介護福祉士のドライバーさんも同じ疑いを持っているそうな。ナイ免ナイカー族の僕は交通事故の保険事情はさっぱりわからんが、小ズルいやつの考えそうなことはなんとなくわかる。

 

と決めつけて、実は超イイ人でした!!
となればなったで、悪い予測がはずれてハッピーエンド。
やっぱり!となれば、出るとこ出ましょ。
今週その出かたを決めようと家族作戦会議中。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
全裸キャスターは社会の木鐸

 

いつもの週末温泉、値上げして 700 ドルなり。
ささやかなお得感を求めて、マッサージ機でもまれてから乳頭…いや入湯することにしている。

 

これがパブリックスペースから脱衣所に移動したせいで、全裸おじさんがプルプルしていることがあり、貼り紙もあるのに見過ごす客が多い。
いつも、僕と妙に入湯時間が合う後藤謙治似のおとっつぁん 73 歳が、そんなうっかり客に注意していた。
「服を着て、て書いたぁるやろ」と。
その息子ぐらいのおっさんは平謝りしてそそくさと服を着て、帰っていってしまった。

 

温泉とはいえ、谷間の住宅街なので完全に銭湯テイストで、生家では銭湯通いしていた僕にしてみれば、懐かしい昭和の風情そのもの。
こういうおとっつぁんが、必ずいた。
水を足すと怒られ、走るとつかまれ、すぐあがろうとすると沈められ(笑)、風呂作法は親ではなく、名も知らぬおとっつぁんにしつけられた。たしか、弟はチキンラーメンを両手に盛って 40 ℃で食べごろになるかトンデモ実験をしていたものだ。

 

いま、「どこかの子供」を叱る「どこかの親世代」は、高齢シフトしている。中高年へと。少年と四十代ではなく、四十代が七十代にしつけられる。それはそれでいい。


僕も後藤謙治さんの鬼の目(?)を意識して、シャワーを飛ばさないよう気をつけているのだが・・・
この湯屋も最近模様替えして新顔客を呼び込む営業に気合いを入れているので、物言い常連さんの仕事が増えるかも。

 

不思議と外国人客を見たことがないのだが、入れ墨も OK だし朝までステイできるので、ひょんなことから口コミが広がるかもしれない。
かけ湯をせんか!
拭いて出ろ!
ぐらいの通訳は買って出る覚悟であーる。
後藤謙治さん、がんばれ!!

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0)
ペット可物件の覚悟

 

うちの前の廊下に、犬の放尿跡がしっかりこびりついている。お向かいさんサイドではなく、必ずうちの側の壁にひっかけてやがる。


1ヶ月に5回ほどのペースで増えつづけているので、こりゃたまらんなーと管理会社に電話すると、
「お宅の奥で、犬を飼育されてる部屋は2軒ありますが、どちらかわかりませんので、全戸に注意書きを入れておきます」
と事務的な対応。

 

隣室で、夜中でも無駄吠えしている駄犬を飼っているヤンキー女子は、ほぼほぼ面識もないしかかわりもないので、嫌がらせをされるいわれもなく、ただだらしがないだけなのか、駄犬にクセをつけさせてしまったのか・・・

ともかく共有スペースなので、個人的には直談判する大義名分がない。腐食するままに放置していると、資産価値が下がって所有者が困るだけ。

 

しかしまー管理会社も商売気がない。そもそも管理費をとってないから、週1の掃除もボランティアなのか、犬の小便跡は洗い流しもしない。
廊下の端の防犯カメラはちゃんと録画していて、傘泥棒の一件ではプレイバックしてくれたのに、犯罪未満の犬トラブルぐらいでは確認もしない(こっそり把握しているのかもしれんが)。

 

こりゃヤンキーな入居者がはびこるだけだわ…
と隣人をクロと決めつけかけていたら、そのお向かいさんの玄関前に新しく小便跡がついていた。わかりやすく、階段から廊下を通って独居OLさまの部屋まで。アリャリャ??

このOLさまとは、犬を抱きかかえた姿で何度かあいさつを交わしていて、悪い印象はないのだが、まさか?

 

管理会社に、一度だけ小便跡を拭き取ってくれてましたねーと質してみると、「うちはやってませんが」としゃーしゃーと手抜き清掃を認めていたのだが、だとすると、やはり飼い主が自覚して拭き取ったわけだ。


わかっとるなら、立ち小便させるな!!
が筋だから、なんとか現行犯でシーコイコイコイの現場をおさえられないか、作戦を練っているところ。
駄犬は「そういう飼い主の結果」だったりするから、少々構えてしまうぞ。
かなんな〜

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
滋賀県にワカメちゃんはいませんて

 

これがなくなればノーベル精神医学賞確実な(?)スカート覗きは、これだけお縄になって公務員人生を棒に振っても、懲りない族は跡を絶たない。


県芦のせんせがネットの噂を信じて遠征した先が滋賀県。わざわざ感もあるけど、JR で一本だから、道中で「大阪はパスやな。京都はとっておこう。今回は滋賀で」とかなんとか、悪だくみをしてたんでしょう。

れっきとした計画犯。そのくせ、スマホをスカートにつっこむなんて、バレバレの無計画。


別に、用意周到をすすめるつもりはないが、被害者がかかえることになる恐怖感に思いが至らんとしたら、せんせ失格。教員免許も剥奪しないと、再犯したとき県教委の責任も問われるよ。

 

ミニスカートの中は禁断の花園みたいなもので、咎められるほど窃視願望が高揚するのか、それともゲーム感覚なのか(これは小学生レベル)、技巧派は隠密撮影術を磨く。

そこまでして撮影するのはただの下着。いいですか、具ではない、殻にすぎないのである!!

 

んなもん、バイトを雇って撮影させてもらえばいいではないか。容姿不問、年齢不問、コトと次第によっては性別不問で、すぐバイトは見つかるよ。

桜塚やっくんのスカートがめくれても、超ベテラン乙女のミニスカでも、条件反射のように目線が向いてしまうのが男という悲しい動物の性である…ようだ。


おまえはどやねん!?と追及されると、僕は悟ってしまった。あれは茶柱みたいなもんである。珍しいものが見えたら縁起がいい、ですませておくべし。撮影する意味がない。保存したりコレクションしたりするものではない。

そういう説法を、ヘマをやって人生を棒に振った前科者にしてあげたいところだが、根本的な心の病の解決にはならんね。刑罰や社会的制裁より認知行動療法か何かで再発抑止をしていくしかないのか。

 

「ミニにタコ」が言い訳にもならなかったマーシーは、その後どう転落していったかは、今週ニュースになっているとおり。
スカート覗きが薬物依存に直結するとはいえないまでも、白い布切れか白い粉がトリガーになるのは妙な共通点のようで・・・
白い粉もミニスカも禁止の島をどこかに確保して、更生にチャレンジする案は荒唐無稽か?

 

白い布切れを一度でも目に焼きつけると脳細胞が変化して、欲望との闘いが一生続くのです^^;
と語るノゾキストがいそうな気もするが、自分の妻や娘が餌食になったら、と我が身に置き換えて悔い改めてほしいもんである。
体罰教師より、別次元にタチが悪いから。


 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんな日でした(日記) | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/546PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS