solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
新しい地場産業は、総会屋

 

古代ローマのように、村民がアゴラに全員集合してワイワイガヤガヤ直接民主制。
になっても、い〜んですか!?
高知県大川村の村長さんが問題提起している件。

い〜んではないでしょうか。町村総会は地方自治法でも認められているわけだし。

 

代議制が民主主義の象徴というわけでもない。
間接民主制が、低投票率の一方でフリーライダーを生む温床になっているのも事実。政治の失敗に、「あいつにワシは投票してないもん」と弁解することもできる。得票率が半分を超えずに当選してしまうと、風向きが変われば非支持者に袋叩きされかねない。
だからワイワイ総会に強制的に全員参加させて、責任をもって議決するようにすれば、参加型民主主義のサンプルになるのではないだろうか。

 

こういうアゴラ型デモクラシーを、もし大阪市でやれば修羅場になるだろうな〜^^;
神戸市でやると、英語、ヒンディー語、中国語、ベトナム語が入り乱れてフェスティバル型デモクラシーになりますな(笑)。

 

お前やれやれと押しつけあうほど議員のなり手がいない自治体だと、意思決定が無責任になる、行政の監視が形骸化する、あげく住民が流出して消滅危機・・・と、いいことは何もない。
大川村を救うためというより、有権者の責任意識に目覚めてもらうためにも、似たような自治体の潜在的空白議席をリストアップして、シューカツが難航している学生を送り込めばどうでしょ?

 

失業者でもいい。

とりあえず年間230万円の議員報酬が任期中は補償される。生活コストがかからなければ、これで生きていけますわいな。都会の母子家庭の平均年収より多いからね。
山村の住居費は廃屋を融通してもらえばタダ同然だし、食べ物はどこかから回ってくる。ファッションはなーんも必要なし(野良着でよろしい)。

 

僕でも、移住して立候補すれば、当選確実だ。やりますよ、コスモポリタン村構想。
財政再建なり、もっと大胆な行財政改革が必要なのは明らかだから、起爆剤としてワーキングホリデーをわんさか招き入れる。村の公用語が英語になってしまうか中国語になるかわからんが、地場産業が復興して税収アップすればいいではないか。

 

こういう発想(あくまでも、たとえばの話)が叩きつぶされ、古い村政治を守っている町村が、限界にきている例は、探せば基礎自治体1700のうち1割以上はあるのではないだろうか。

市レベルでも、夕張ばかりが注目されているが、大阪府内にも福岡県内にも危険水域の自治体はあるようで・・・

よそ者、若者、バカ者が地域活性化の3大役者ともいわれるから、ここにひとつ、「落ち武者」を加えてもいい。
選挙で落ちた政治浪人とか、失脚した大御所なんかも、有権者の顔が見える過疎自治体で、デモクラシーの原点に向き合ってみてほしい。

 

大川村議会の定数6に、鳩山由紀夫、村山富市、アルベルト藤森、野々村竜太郎、宮崎謙介、井脇ノブ子がちゃっかり並んでいたら、これはこれは見ものですぞ。
惜しくも今日訃報が入った大田昌秀さんは、議長として最適任だと思うがなぁ…

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

政治 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
ほとぼりが冷めたら前川喜平学長?

 

5月の 6,211 アクセス多謝m(_ _)m

 

FB では「前川さんがんばれシェア」が広がる一方・・・

自由にモノいえるようになったとおっしゃる元次官も、実はあまり決定的な証拠をつかんでいないような気もしてならない。永田町からの恫喝を引き出して失笑を浴びる程度の、噛ませ犬になって終わりではないかいな。

 

中央省庁ほどの大組織になると、次官が末端までの動きを把握できるものではないし、地位に応じた裁量権もあるから、次官の号令一下で忖度するかしないか、記録をどうするか、わかりやすくコントロールできないものだ。
定年まで円満に勤め上げたい職員にとっても、永田町に睨まれるようなリークはしたくないだろうし、前川さんに追随する現役官僚は、絶望的に出てこないと思う。

 

なるほど、ないものをあるとはいえないから、あるはずのものを探し出せなかったとギリギリの答弁しかできないのが現役の官僚の立場だろう。


前川さん自身も、東大卒業後ずっとそういう宮仕えをしてきて「仕上がった」人だからね。

三島由紀夫のように、本業より文才に長けた官僚なら、「あくまでもフィクション」と断って「小説文部科学省」なんてのが書けるかもしれないが、ちょっと期待できそうにない。


フィクションでも、政権への監視の目を刺激することができれば、それもまた政治小説の効能なんですがね。

いくら正攻法で直球勝負するとしても、永田町が霞ヶ関に圧力をかけた証拠など、おめおめと役所がロッカーに残しているわけがない。


やはり、命令や指示そのものより、官邸のご機嫌をうかがい「忖度する」役人のホンネを聞き出さないことには、官邸の思うまま手となり足となっていくだけ。中・朝とさして変わりはない。

 

前川さんには、どんどん出会い嬢を紹介して、元次官のホンネみたいなものを出会い嬢に取材してもらいたいもんだ。
「もう、飽きた」とおっしゃるかもしれない。なら、別の接待で(!?)。

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0)
兵庫県政にもカツヤ文春砲!

 

笑っちゃーいかんが、かっちゃんの兵庫県知事選出馬には笑ってしまった。
妙にかしこまったいでたちで、どこかの高校の学年主任みたい。いつものサングラスにイガグリ頭で、ついでに皮ジャンでも着て出馬会見をやってほしかった。

 

意表を突くような政界進出!?と見えて、県内で顔を売る看板番組をやっていたのも、実は下準備だったのかもしれませんな。
でも、そこかしこににじみ出ていた「エロと保守」のテイストが、有権者にどう響くかは、その一人であるワタクシにもさっぱりわからん。5県に分裂してもおかしくない風土だからな〜

 

かっちゃんの産地は「大阪府尼崎市」で、海の向こうには「兵庫県鳴門市」があったりする。おっと、その手前で、南あわじ共和国は独立宣言してたっけ(笑)。
尼崎市限定で勝谷医院の知名度も信頼もあるかもしれんが、その他の阪神間住民気質は、かっちゃんシンパとかっちゃん拒否に二分されると思う。山の手の奥様族からは総スカンだろうな。

 

「おもしろい兵庫を創りたい」と抱負を語るかっちゃんに、播州人は期待するかもしれない。僕も、どうせ結果は火を見るより明らかな無風選挙なんだから、「おもしろがりたい1票」をかっちゃんに入れようかな?とも思ったりする。

同じノリの有権者があと99万人もいれば、ひょっとしてひょっとする政権交代が起きるかもしれない(^^)/
それも困るなぁ…(笑)

 

あくまでも、出来レースにしないために、かっちゃんの当選作戦を考えてあげたい。
おっサンテレビ榎木麻衣アナと、電撃入籍するとか。皆様の一票をぜひ〜〜〜!!と絶叫するウグイス嬢は、本物のアナウンサーだから好印象。
きっと、エノキ票で90万ぐらいは集まると思う。

 

となると、噂の若いカレシが「マサ、どうして僕を捨てたの!?」と乱入してくる。快文書も出回る。ギョギョッ!!
グランディーバもリリアンも花房観音も出てきて、四つ巴の応援演説やら落選運動やら・・・これこそ、かっちゃんの期待するおもしろい修羅場でしょ。

 

肝心のマニフェストは、右方向コチコチではなく、ずる賢く総花的な惹句を並べるような予感もする。雑誌記者出身のかっちゃん自身、パッチワーク思想家だからなぁ。
今の井戸知事も、総花的な無難官僚そのもので、有権者がそういうタイプを支持した結果なんである。
かっちゃんが尻…じゃなかった風穴を開けられるかどうか、選挙戦を楽しませてもらうとしよう。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

政治 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0)
重婚で銃痕をつけられない国の性治家でよかったね

 

代議士のゲス不倫は今さら驚かない。
去年の「育メン不倫」は、いかんことはいかんが、出来心というか、弾みでついつい感もあるから、本人が反省して有権者が許せば復帰もありか…

 

と、つい比較して甘く見てしまうのは、中川親子の親子二代不倫劇が2枚ほど上手だったから。
オイオイオイオイ、ハワイ婚まであげたらいかんやろ。うっれしそーに写真まで撮って、拡散することを考えなかったとしたら、不倫そのものより危機管理がグダグダ。そっちの方で、議員失格だわな。

 

妻子のある代議士の立場で堂々と愛人と挙式をあげていた感覚は、ちょっと精神的にまともではない気もする。
案の定、別れ話がこじれてストーカーと化した。職場で調達した第2愛人(あのアイメイクは笑えた)に乗り換えたかと思いきや、永田町でハメハメするには窮屈だったのか、結局なじみの第1愛人と関係修復に及ぶ。みごと成功・・・あのね、不倫を修復してどうする?(笑)夫婦仲を修復せんといかんでしょ。

 

さすが、ダルマ内閣時代の絶倫官房長官の息子だけのことはあるね。3代目も、やりますか?(笑)あったとしても、だれも驚かないけど。

 

絶倫長官の息子に嫁ぐ配偶者は、それなりに覚悟もしていたかもしれんが、映像で見る限り、清楚でひかえめな「糟糠の妻」然としている。病弱のようだし。


だから、派手めの相手と火遊びに走ったのかな〜と男目線で納得してしまう(イカンことはイカンよ)ところもあって、まぁこういう懲りない遊び人は、きっと男同士だと遊び上手で「おもろいお調子者」なのだろう。浮気男もマザコンもDV野郎も、同性とのつきあいよしお君だったりするのだ。

 

永田町の近くに、∪野宗佑を祭神とする不倫神社でも建てて、ここで荒行でもやらせて禊にすればどうでしょ?
荒行とは、全国の、浮気した亭主に仕返ししたい奥様族の相手をする。決して選り好みも拒否もせず、ミッションを完了していただく。トシをとるほど時間はかかるが、なんとかやり遂げてポイント1。宮崎(元)議員ぐらいだと1で免罪してもいい。
中川トシちゃんは、親の因果が子に報いたのも気の毒だが、ポイント2は積んでもらわないと…

 

名案だと思いますが、いかがかな?
政治屋の妻たち(夫たちも)は怒り心頭に発するかもしれませんが、荒行をやればもう生気を抜かれて、おとなしくなりますって(^^)/

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
籠池爆弾ではなく籠池爆竹

 

資金計画も、学校組織のガバナンスも、理論武装もずさんなカゴちゃんの勇み足から始まった妄想劇場ではないのかな、結局。
堂々と証人喚問に臨んだカゴちゃんは、これでかえって「大した度胸やな」と印象づけることに成功した。右の方から、案外ポツポツ寄付金が集まったりしてね。1口800円ずつ(苦笑)。

 

ウソをついているようにも見えなかった。ただ、裏づけになる証拠物がない。
勝手に口利きをしてもらえたと思い込み、異例の学校認可を神風と思い込み、はしごに昇ったつもり・・・だったのが頓挫して、八つ当たりをしているように見えなくもない。

 

名前を出された政治屋たちも、火の粉をはらう手間に追われる。顔見知りもいたりして、すこーし同情してしまったが、そもそもトンデモ学園と接触した時点でうさんくさいところは見抜かないと、政治屋として脇が甘いわなぁ…

 

破れかぶれな直情径行タイプのトンデモ夫婦には、そのうち何を言い出すかわからん期待(笑)もふくらむが、なにぶん証拠がないのと、役所の闇が鉄壁で守られているので、メディアがあおるような「カゴちゃん爆弾」は炸裂しないような気もする。
眠震党は、眠酒党時代の偽メール事件で自死に追い込まれた議員の轍を踏まないよう、攻めどころを慎重に見極めないとね。

 

証人自身が「刑事訴追されそう」と吐露していたように、有印私文書偽造とか贈収賄の証拠をつかんで検察に告発して、司法の場に持ち込んだ方がいいのかもしれない。役所は国会議員の喚問など怖れていないだろうから。

幼稚園も差し押さえられて、財政基盤もボロボロ、収益事業の構想もない。そんな断末魔をメディアがおもしろおかしく劇場仕立てにして、本質が霞んでしまっているように見えなくもない。

 

許認可権に、合理的判断を超えてどんな天の声や忖度が働いているのかは、森友学園問題だけでなく全国津々浦々で、今日も明日も未来も問われるべき政治課題ですわな。学校法人だけではなく、社会福祉法人も財団法人も医療法人も同様。

規制緩和しても、権力が弱くなるどころか、真綿のように不可解な行政権が拡大するだけ。
メディアは、いま関係者が一息ついている(?)天下り問題も、怠らずに調査報道するように。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

政治 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)
ゴチャゴチャ博覧会

 

だれに書かせたのか、経産省の上から目線がにじみ出ている「大阪万博やったらええやん関西弁バージョン」には、反感を買いそうなとこがゴチャゴチャありまっせ〜

 

政策の失敗も社会問題も精神疾患も味噌くそにしてしまう霞が関のIQにはあきれるばかりだし、「関西弁」とされると近所迷惑でござるよ。
こんな雑なノリを大阪弁で文字にすると、関西人はこう考えてるのか?と誤解されかねんわな。あれは関西弁であっても、関西人の総意ではないのに。

 

さぁ、これをニュースで読む非関西人のアナウンサーが大変だ。アクセント辞典を叩き込まれたアナウンサーが、その共通語アクセントで関西弁を読んでいただくと、背中はカユい、足裏がこちょばい、首筋もムズムズ、腕には鳥肌、へそでお茶が沸く!!
MBSあたりの関西人アナだと、簡単なニュースでも「犯人は『金を出せ』と脅して…」の「出せ」ぐらいは関西音階でしゃべってくれる。共通語で読むと、それは事実を伝えるニュースではなくなるからね。

 

関西弁はともかく…
精神疾患だけでなく、生活習慣病にしろ感染症にしろソーシャルな側面が強い疾患だから、治安の悪化や財政問題とごった煮にしてしまいたくなる気持ちはわからんでもない。土地柄や風土、因習、流行ともからんでくるから。


けど、「ゴチャゴチャ」にしてしまうと、結末は「わや」にしかならんのとちがうかな?

現状「わや」になっている役人利権や、ディープな一部地域にメスを入れて、自らの身も切る外科手術をしようとしたのが、橋下市政ではなかったのだろうか。


その手法には問題もあるとはいえ、支持している大阪府民がいて地方自治が回っている姿は、霞が関に伝わっていないようだ。

もちろん、万博が都市問題の解決に役立つかどうかは冷静に検討する必要もある。誘致にこだわる維新は、大阪五輪の蹉跌を引きずってるのかな?と同情したくもなるが、現状とっくに「大阪まるごと万博ぽい」ですぞ。


1970年の万博は、郊外的な生活様式を広めたメルクマールにはなったが、さてその後の沖縄海洋博、つくば科学万博、神戸ポートピア、愛・地球博は、歴史に刻まれているだろうか。仁尾太陽博のような大失敗もあったっけ。

健康長寿という理念は、地味だが日本がリードできる研究分野だと思う。


それは税金を垂れ流さなくても、カズとイチローと葛西紀明が世界にお手本を示してくれている。
アスリートだけではない。
維新は、定年という制度を廃止するだけで、年金問題、要介護問題を打開できる(解決とはいわんよ)ことを、ぜひ実証してほしいもんである。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
韓国次期大統領候補は「サプライズまさお」でどうだ?

 

 

朴槿恵さん弾劾の手続きをパフォーマンスといっちゃー失礼かもしれないが、元大統領を容赦なく訴追する国は、民主的なのかどうか。
選んだ国民の側の責任は、議院内閣制より重く問われるはずだが。

 

まだ民主政が成熟していないから、と解説する識者の分析も、的はずれではないが浅い。
トンデモおばさん親子に血税が流れてチェックできないシステム上の不備もあるし、本気で政治資金の流れを健全化しようとする気があるのかな?とさえ思ってしまう。

 

敗戦で日本の財閥は形式上解体されたが、GHQ の号令だけで姻戚とからんだ郷土閥、学閥、職域閥まできれいさっぱりなくなるわけではない。
ムラ社会が似ている韓国は、財閥も解体されることなく、包装紙だけ大統領制になった。

 

国民感情は、政官財の癒着を批判しつつ、実は三星や現代や起亜に仲間入りしたい気マンマンではないのかな。

財閥と政治の癒着をリセットするより、癒着にぶら下がって、おこぼれをもらう方が現実的。特に、受験戦争に我が子を送り出す親世代ほど、公務員か大企業に我が子を入れるのが親の勲章になる。だから政官財のトライアングルは壊れてもらっちゃ困るのだ。

 

オルタナティブは社会主義か、君主制か・・・まさか李氏朝鮮を復活させるわけにはいかないだろうし、韓国共産党の活躍は聞こえてこない。

結局、クネさんを葬って溜飲を下げた国民が、ビッグマウスな次期大統領をかつぎ出して同じ轍を踏むだけではないだろうか。

 

いまの韓国は、ちょうど受験戦争は天下分け目の天王山のようだが、大学受験だけで人生が決まる社会は腐敗する。まぁソウル大学を出ても就職が安泰ではないようだが、18歳か22歳かでつかんだ地位に安住していられるなら、政府も企業も閉塞するわな。
40歳でも60歳でも、一度なにかで人生転落しても、方向転換して敗者復活戦に臨めるのが自由が成熟した民主国家だろう。

 

決して敗者ではない社会人がちゃんとリカレント教育を受けて転職を果たす現場にいると、ぜひ韓国のシューカツ難民はここに留学して、1年目は日本語習得、2年目で日本の地域福祉なり地域医療なり、やりがいのある仕事を見つけるのもあり。すでに文化産業はボーダーレスに有能な人材を集めているようだし。

 

未来の暗い国家は、エスタブリッシュメントが閉鎖的なムラ社会を囲って既得権益を死守しようとする。国民感情も、官尊民卑。
小学生からして公務員志望なんて国(さすがに、三菱グループや住友財閥志望なんて焼酎学生は聞いたことないけど)に、僕はあまり明るい未来は感じない。
隣国のドタバタ大統領スキャンダルは、大企業に無邪気にあこがれる「同類項」には、嗤う資格がないんである。

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0)
祝ドナルド・トラップ大統領

 

暴言王が核ボタンをにぎってしまった大統領選挙劇場
株価の急落より、国際的緊張の方が「見えない不安」ではないかな。
プーチンは好き、でも中共は大嫌い。
ヤンキーじいさんの単純な好き嫌いだから、変節する可能性も大いにあるとはいえ、トランプじいさんの勇み足は何かとお騒がせを巻き起こすだろうな〜

 

まず、あいつにはつきあいきれん!と裏切った共和党の身内への報復・粛清が始まる。
もしかすると、選挙違反の証拠をにぎる身内の反撃もあるかもしれんが、大統領の権限は絶大だからなぁ…

 

そもそも、トランプが勝ったというより、ヒラリーの闇も不安要因だっただろうし、眠酒党のオウンゴールに見えなくもない。
そもそも何の実績もなく演説だけでノーベル賞をもらった小浜さんには、就任当初からワタクシはここで疑ってかかっていた。米国民の失望感は大きかったと思う。

 

だからといって、いきなり反知性主義の権化のようなマントヒヒに振り子が振れるとはね・・・
それも彼の国の有権者の選択だから、勝利の美酒に酔って暮らしが良くなるかどうか、結果責任は有権者が背負うしかない。
まさか、トランプタワーが第二の9・11の標的になったりしないだろうな?

 

とりあえず最初の任期は是々非々でつきあっていくしかない。
是といえるところは、内容はともかく、「むきだしのバカ正直さ」は明快だ。紳士を装う偽善者ではない。スケベでがさつな暴言王。ヒラリーのきれいごとを信じない有権者も多かったことだろう。

 

さて、国際社会は注目せざるをえないよ。野沢直子がブラジルに移住するのかどうか(笑)。
レディ・ガガはどうする気だろう?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

政治 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)
はがれやすいシールでした


予想通りの打ち上げ花火が鎮火した。
政治運動のように見えたのは、やはり学生サークル活動だったのか?

 

そりゃ、反アベだ野党結集だと声を上げているとシューカツに響くし、熱も冷めるから、みな脱落していきますわいな。「いい思い出」になるし、中には「シールズ婚」もありましょうて。看板リーダーだけは有名人になれても、みこし担ぎはメリットがない。

 

一人勝ち与党からすると、手のひらの上でサークル活動をあせてあげた気分ではないだろうか。
学生の言葉が老人社会を動かさないのはシールズに限らない現実だし、若いコが固まったアジールは、社会運動にはならない。それがデモクラシーの成熟した社会というもんだ。
学生のサークル活動で動揺するような社会は、かえって危なっかしい。アラブの春のようなことは、どの先進国にも起きないのである。

 

アラサーぐらいの勤労者の共感を勝ち取り、アラフォーに伝わり、子育て世代を動かすぐらいの波動が生まれていたら、このサークル活動も存続したかもしれないが、そのへんのノウハウを伝授する参謀がいなかったのかな?(昔は民青あたりがオルグをやっていたようだが)

 

老いも若きも世直しより私生活再優先が当たり前になっているから、世代や性別や職種で分断されている社会にあまねく拡がる運動は、そもそも難しい。その難しさを学んだことだけでも、シールズの男の子女の子にとっては社会勉強になったのではないだろうか。

 

大人は「しゃあないな」と突き放して傍観するだけで痛くも痒くもないが、気になるのはこのサークル活動がシールズより若い世代にどう映って、何が伝わったのかということ。
せっかく未成年有権者が誕生したタイミングだからこそ、大人を動かさなくても少年少女に何かいい苗を渡せていたらいいとは思うが・・・
「大人も信用できないけど、おにーちゃん・おねーちゃんたちも信用できない」なんて失望感を植えつけていたら、罪な騒動ですぞ。

 

頼りない馬鹿正直と、頼れる腹黒のどちらに寄り添うかは究極の選択だが、日本人は後者を選んだのである。
シールズが仲間に仕事を創造して、頼もしい体制内新体制を築くことができていたら、実体のある運動体になっていたと思う。スペインのモンドラゴンあたりを視察して、よーく勉強しましょうお坊ちゃまクン!

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

政治 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
東尾リコン?

 

「石田純一都知事」も、ありかもしれない(笑)。
東尾父娘はとんでもない!と家庭内野党連合を組んでいるようだが。

 

痔眠党がダブル候補で票が割れると、漁夫の利を得るのは宇都宮健児さん。次点が純ちゃんになると、今度はだめでも次回ひょっとしてひょっとする…かもかもしれない。
明日の参院選は痔眠党が圧勝しそうだから、反動で都知事には反痔眠票が伸びる可能性があるぞ。

 

さっそく産経は、「左翼芸能人が」と噛みついていた。
愉快な新聞だねぇ(だからわたしゃ愛読しとります)。

 

もう、右か左かが投票動機に直結する時代ではない。
それに、本当の保守なら、安保反対をアジっただけのパフォーマンスを、左翼運動だと見誤ったりはしないはずですよ、わかりますか産経さん(^^)/

 

あえていえば、石田純一は固い政治思想の持ち主ではなく、ラブ&ピースな万年青年なのだ。
凶惨党にも斜眠党にも与するわけではない。
だから、浮動票がドヤドヤッと流れやすい。少なくとも、山本太郎より資質はあるのではないかね?

 

「不倫は裸足に革靴(アレレッ!?!?)」のイメージばかり一人歩きしている純ちゃんではあるが、地頭はとてもクールでインテリジェントなあんちゃんだと思う。
LGBT支援政策や補助生殖医療推進も後押ししてくれそうだから、都知事より参院選の方に出ておけばよかったのに・・・と思うが、もう遅い。

 

現実に、都庁の役人を使いこなす手腕を問われると、官僚出身者が有利なのは当然だとしても、逆に都庁官僚が手玉に取りやすいのは石田純一の方だろう。自治労が組織票を取りまとめてくれるか??
官僚主義を取り戻したい役所からすると、タレント知事の方が邪魔にならずにすむだろうから。

 

てなわけで、結果が見えてしまっている参院選より。都知事選の方が楽しめるっちゃー楽しめる。
波乱のトドメは、舛添さんサプライズ立候補(笑)。
どんどん票が割れて、トップ得票率が50万も取れなければ、「舛添さんの方がよかった」と揺り戻しが起きまっせ。
後ろには下がれないから、いっそラブ&ピースに託してみますか、都民の皆さん!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/18PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS