solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
金沢カレーは金箔トッピングではなかった

 

2月の 9,039 アクセス多謝m(_ _)m


YOU は何しに?でデンマーク男子が感動していた金沢カレーが、地元に昨年開店したのでチェックしてきた。
なんと、ココイチの並びですやん。思い切った宣戦布告やな〜

 

地階だから不利なのに、まだ宣伝下手で損をしている。「チャンピオン」の屋号を売り込みたい思惑が先走って、「金沢カレー」で目を引く工夫がお留守になっている。せめてメニューぐらい地上階に掲げておけばいいのに。
晩飯どきにもガランとしていて、ワンオペしているのも発展途上かな?

 

メニューはなかなか豊富で、久々のコロッケをトッピングして、可もなく不可もなく賞味させていただいた。ドロリ系のルーが前評判になっているように、ルーで勝負するならケチらずもっと量をかけてほしいところだ。ココイチから足が遠ざかったのは、あまりにもルーをケチって白飯が余る悲しみ(笑)から逃れたいから。近くの駅ナカのバングラ領事館は、気前よく激辛ルーのベンガル湾に東北の米が浮かんでいるぞ!

 

そもそも、なぜ金沢がカレーを売りこみはじめたのかは謎だし、加賀の人々がどう思っているのかもわからない。「これが加賀に支持されるカレーだ」とイメージができてしまって、いいものかどうか?
それが、地名をつける賭けですな。

 

神戸◯◯も多くて、個人的にはビーフと餃子の味噌ダレは神戸を代表してもらってもいいが、このラーメンに神戸を冠してチェーン展開されると困る!!と嘆いてしまう料理もある。店ごとにこだわりがあって、個性を競い合っているのが都会の多様性というものではないかな〜


だから、「ニューヨークチーズケーキ」を珍重するのはニューヨーカーではなく世界中の田舎者。

まちがっても、兵庫カレー、兵庫コナモン、兵庫ラーメンは生まれない(はずだが、愚かな起業家はいるかもしれない)。おいおいおい、摂津の味だけで五国を代表してくれるな!と但馬民、淡路島民、播磨人、丹波人は蜂起するにちがいない。


金沢に地元風味のカレーを期待する日本人はいなかっただろうから、意表を突くマーケティングではあると思うのだが・・・やはり地元民の意見をうかがいたいもんである。

サラサラしたカレーも、ドロリ系のカレーも、いろいろあっていいと思うが、こと神戸のカレー市場となると、インド人が本家を自負してコスパ抜群の食堂を展開しているから、金沢カレーは先行きが心配でござる。がんばってほしいけどね。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
安いのに美酒!の Teachers

 

今年の心残りは 108 項目はあるけど、うちひとつが、新しい酒の開拓をサボっていたこと。
ブラックニッカを OS に、アプリケーションはバランタインとシーバスで、このトライアングルから外出しなかった。いかんなぁ。

押しつまった年の瀬に、新入荷の POP が目を引いた Teachers というボトルを見つけた。
「先生御用達ですからどうぞ」ではなく、グラスゴーのティーチャーズさんの興した樽に由来するブレンデッド・ウィスキー。

 

検索もせず衝動買いしてきたのは、結果的にそれでよかった。
ボトルの首飾りの謳い文句に、「さわやかなスモーキー」「ハイボールでさらにスモーキー」と強調してあったので、スモーキーがあんまり好きではない僕は身構えてしまった。


ところがところが、全然そんなことはない。
むしろ、どっしりコクがあって、フルーTですやん。

フリーザーに氷もなくなったしソーダもないので、ストレートで利き酒をしただけだが、まろやかで抵抗がない。
Canadian Club のような軽さはなくて、どっしりしているので、カクテルベースには向いてないかも。
といっても、混ぜウィスキーは基本やらないので、ストレート勝負ができればいい。

 

いやー、スコットランドのフロンティアから、よくまぁサントリーさんは発掘してきたものだ。
BAR レモンハートのマスターなら、どんなサイドストーリーを語ってくれるだろうか。オンタイムで定期購読しているわけではないので、とっくにメガネさん(このへんは、愛読者にしかわからんキャスティング)あたりが差し入れているかもしれませんが。

 

このところアサヒさんが北米の樽を熱心に買収しているのに対して、サントリーさんは長年スコットランドを開拓している。現地の反応はどうなのか少しだけ気になるところだが、極東の島国のウィスキー・キャットとしては、新しい星(元サントリーの開高健さん曰く、新しい天体だな)がキラリと見えてくるのは幸福な発見だ。


もっとバーにも通って勉強せんといかんな。
もちろん、純米酒も見捨てるわけにはいかんが・・・「麦の養命酒」が、ワタクシには自然体でなじむのであーる。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0)
オモニの味ごっつぁんでした!


トア・ウェストは、こちゃこちゃした雑貨屋や飲食店がコンスタントに客を集めているが、北半分の再開発街区は、無機質なタワマンに置き換わってしまって、都心の真空地帯みたいになっている。

 

それでも、道路面はいろいろ店も進出しているので、足跡を残しとかにゃーと思いつつ、通過するだけだった。

たまたま、ランチタイムにおばちゃんたちが日替わりの看板を眺めてワイワイやっていたので、つられて入ってみた韓国食堂。
曜日によってはチゲの日なんかもあるようだが、今日はビビンバの日だったので、日替わりを注文。

 

野菜がどっさり乗った丼とキムチと野菜スープが出てきたので、ちびちび箸でつついていると、おかみさんが「アラ〜ご存知ないですかー、思いっきり混ぜた方がいいんですよー」と、ガシガシ撹拌してくれた。
「辛いのお好みでしたら、これも混ぜて」と、唐辛子系のソースをドパドパ(笑)。

 

なんだか混ぜすぎると美観を損なう気もするが、うまいことはうまい。
だいぶ日本人向けにローカライズされているようで、あんまり辛くない。
副菜は食べ放題バー形式になっているので、キムチもちぢみも食べ放題。マイルドで食べやすい。
680円はコスパ抜群だったな〜。

 

常連とおぼしき客とは韓国語会話しているので、同胞に支持されているようで、おかみさん(けっこう若い)は元気はつらつで仕事をしている。
店は新しくて、内装も無機質というかモダンなのに、活気があっていい。

すぐ南側には中華街があるから、ふだん「滋養強壮食」がほしい日は中華になびいてしまうが、コリアンも悪くない。

 

食あたりで搬送された数年前も、キム先生の病院だったので、病院食はキムチの香りが漂っていて、「点滴以外は絶食措置」の身としてはつらかったのを思い出す。だからよけいに、コリアン食にはパブロフの犬のように食欲をもよおすようになったのだ。

 

大阪の鶴橋コリアンタウンはまだ出撃したことがないので、とりあえず地元に「ネイティブ」が経営する店があるのはありがたい。
韓国食堂は、かなり「和ちゃんぽん」になっている店が多いので、純コリアンは希少価値かもしれない。特に、中・印勢力が強い神戸では。


次は別の日替わり食を2,3いただいてみるか。
夜のメニューはあんまり安くないので(壁に大書してあるのは明朗会計でいいけど)、昼定食専門で。
豆腐チゲなんかも、夏に案外いけるかも???

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
パクパク、モジャモジャ

バングラ大使館に、美しすぎるハニートラ…じゃなかった、書記官女史が詰めていることが多くて、ありがたいことに晩飯が華やかになる。
女史はアイデアウーマンでもある。

「今度これをメニューにできないかな、と検討中で」
と出してきたサンプルが、パクチー。

ここは野菜系メニューが少し寂しいので、常々僕が「おととしのグリーンカレー、いけたのにな〜」とボヤいているのが伝わった。
わけではないだろうが、新メニュー開拓中なんだそうな。

今はまだパクチーを煮込むか溶かすか決まってないようで、小鉢で出された生パクチーをカレーにふりかけてみた。
ただ、座っただけで自動的に出てくるマイメニューがウルトラ激辛ばかりなので(苦笑)、正直パクチーの風味なんてどこ吹く風である。まぁ、ヘルシー感はあるけど・・・

「好き嫌いは、分かれるかもね」
「そうでしょ、今はやってますから、興味はもっていただけると思うんですけど」
「スムージーにして、ルーに少しずつ混ぜこんでみたら?」
「健康ドリンクみたいになりますねー(笑)」
とかなんとか、メニュー開発会議はなごやかに進んだ。

どこからどう火がついたのか、パクチーにわかブームは不可解なところもあって、本当に好きな日本人も何割ほどいるか、怪しいもんだ。
昔は空き地に普通に生えていたドクダミと風味が似ているので、野草も山菜も好きな僕は違和感がない。薬膳と思えば、はまる食通はいると思うが、僕は通ではないので、ことさらにパクパクパクチーにかぶりつく派ではない。

書記官女史には、
「どうにかヘルシーメニューふうに売りこんでみたら?」
と勧めてみたところ、横から大使殿いわく、
「コンスタントに売れたらいい。余るはダメ」
と慎重な構え。それもそうだわな。

大量にほうれん草を溶かしこんだグリーンカレーも、仕込みには苦労されていたようだから、手間暇と売り上げをにらんでパクチーカレーの見通しは五分五分というところかな。
新メニューに期待するとしましょう。
 
 
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
食べた飲んだ美酒美食 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0)
渾身のパスタでした


東急ハンズの近くに閑居していたころの晩メシどころは、事欠かなかった。
立ち回り先のひとつに、目抜き通りに面していたのに安くて小ぎれいな洋食屋があり、トンカツ定食だのエビフライ定食だの、昭和の洋食でほっこりしていたのだったが、震災の前後に閉店。

 

しばらく空いていたところへ、パスタ専門店がオープンしていた。
道行くOLさまやカップルどもが、しげしげと外向けメニューを眺めている。どうやら安さやすさに驚いているようで、一番ベーシックな「ミートスパ」460円なり。
いっとかねば!

 

で、今夜の晩飯は麺だけにした。
なんせ専門店だから、パンも出なければ食後のコーヒーもない。
よほど自信がこもっているのか、献立に「伝説のミートソース」とか「奇跡のボロネーゼ」と冠がついている(笑)。


麺の太さも太麺と細麺を選んで食券を買う形になっている。

厨房の正面カウンターのほか、テーブル席もせまいスペースにしつらえてある。
カップル客がくると、地階に案内されていたから、たぶん永遠に僕は地下室には入れない。

 

シェフもホール担当も若いあんちゃん・おねーちゃんばかりで、パスタで勝負しようとしている様子なので、挑んでみたぞ。
太麺は讃岐うどん顔負けのコシの強さ。
ボロネーゼは、ひき肉もふんだんに煮込んであって、食べごたえ満点だった。相当な家賃がかかってそうな立地を考えると、奇跡のコストパフォマンスだ。イイネ!!

 

あえて注文をつけるとすると、スライス・バゲットぐらいはあってもいい。定食もないから、こちゃこちゃつけて800円ぐらいでも、売れるのではないかいな?いなり寿司とか(笑)

 

ラーメン屋はやたらと多いので、もっと手軽なパスタ屋も増えてほしい。
サイゼリヤは年齢制限で立ち入り禁止されているので(笑)、忙しい勤め人がカウンターでささっといただけるような、パスタ・スタンドがありがたいんですがね〜
なぜか、イタリアン過疎地なのだ東急ハンズ周辺は。

 

さて、次は「伝説のミートソース」をいただいてみるか。
「究極のカルボナーラ」も気になるな〜

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
新年早々、最初で最後の季節メニュー


ヤレヤレヤレヤレ・・・今年度の朝イチ出勤が終わった。
内定している契約更改の限りでは、来年度も朝イチはない。寝不足日が解消されるかな?

 

低血圧のはずなのに、午前中の仕事は腹が減って困る。腹をすかせて定食屋へ突入するのも至福のひとときではあるのだが。
冬限定の、古いなじみの定食屋メニューが、やっと年明けに始まったのも楽しみ。


先週、飛びこんで「粕汁!」と注文したら、「ごめんねー、さっき終わってもた」と撃退されてしまった。

売り切れメニューは店頭でちゃんと表示してくれる店なのだが、タッチの差でラス1が出てしまったようだ。痛恨のエラー!


奥も要領が悪くて、席についてからガックリさせられたので、「代わりに、何しましょ」と促されて鯖塩定食に甘んじたのだが(これはこれでうまいけど)、今日は学習したもんね。

店頭でぢっくり品定めしているそぶりをしていたら、「いらっしゃ〜い」とおかみさんが客引きに出てきたので、「これ、ある?」と確認してから突入した。これぐらいの段取りはマスターしておかなくてはイケマセン。「定食道」も、極めるにはまだまだ道半ばである。

 

めでたく、絶品の粕汁定食にありつけた。
シャケが少ない気もするが、丼いっぱいの粕汁は具だくさんで合格でござる。

あいにく、「初もの」が今年はやばやとラストになりそうな勤務シフトなのが残念だが、一応ちゃんとネットで地元の粕汁店(!?)を調べて、場所を確認してある。やっぱり、地元店の方が便利だもんな〜

 

酒粕を買い込んで自炊することもできるはずだが、わたしゃ自分で自分をほめる趣味はない。
汁ものメニューの具材の取り合わせは店の個性がにじみ出るもので、芸術作品のようなバランスには惜しみなく800円ぐらいは払ってあげたい気もする。プロの味に実弾(コイン)をぶつけて一本負けする(つまり、うまかった、てこと)のが、定食道の定石なんである。

 

さて、また土日は歓喜が流れこんでくる。
暖まるカウンターを求めて、放浪の旅に出るか・・・結局カレーになりそうだが。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)
海の男なのに、初ガキといえば牡蠣より柿

 

フルーツ王子としては、あんまりスイカは食わなかったな〜と心残りしたまま夏が終わる。
5玉はクリアしたが10玉に届くかどうか。
ま、秋は秋のお楽しみがあるわ。


すでに幸水はけっこうワシワシいただいているが、梨は皮むき時間に対して平らげるのが一瞬だから、こんなときだけ「あ〜ん」してほしい。身勝手なもので…
「あ〜ん」だけバイトを雇うか?(笑)

 

もう!?と驚いたのは、独立系コンビニの店先ワゴン。もう、奈良産の柿が出ていた。4つ250円。最愛のフルーツだから、衝動買いしてしまった。


レジのおっちゃん、「もう出てまんねんな」と、他人事のような口ぶり。
「種ありかもしれまへんで」
「そりゃ、かましまへん」と、こっちまで商人口調にならなくてもいいのだが、季節のフルーツをいちはやく仕入れてくれるこの店は貴重だ。

 

可もなく不可もなくというところ。もしかして、試験販売か?

それでもいい。喜んで毒味させていただこうではないか。この店は、けっこうハズレが混入してくる率も高いのだが、そこは安さに目をつぶってあげよう。

 

柿泥棒に狙われるほど、大きな柿の木が毎年交互にどっさり収穫させてくれる生家に暮らしていたころは、柿なんて買ったことがなかった。
トウモロコシも、ヘチマも(これは食用ではなくタワシの素材)、究極の地産地消。

 

引っ越した先は農村だったので、梨狩り、イチゴ狩り、栗拾い、いも掘りと観光農園もあちこちにあって、恵まれていた。スイカは兼業農家の友人宅からおすそ分け。
ただ、ざくろ、びわ、いちぢくのような庭木系の果物はなかった(探せばあったかもしれないが)。

 

里山でキノコ狩りをするような風流な趣味もなかったのは残念だが、都会と農村の中間ぐらいの都市近郊は、まだまだその気になれば無料で「フルーツ猟」ができると思う。
こんな自然の恵みは守りたいもんだ。

 

今の住所はなかなか柿を盗み食いできる環境にはないけれども、そのかわり市場経済の恩恵で、質のいい旬の果物は手に入りやすい。リンゴなんか、年がら年中100円ってのもどうかいな〜と思いつつ、できるだけ旬のものを消費するようにしている。
庭つき戸建住宅に住む予定はないものの、庭があれば畑にしてしまうと思う。
野暮やな〜

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0)
アリさんのキッチンでパキパキランチ


いつもの孤独のグルメを哀れんでくれたメンタルヘルスの専門家が、パキスタン食堂に誘ってくれたので心斎橋へ。
地下鉄は初乗りが値下げしていたのに、心斎橋までは値上げになっとるやないの!

 

「たしか、この近所にバングラ心斎橋領事館があるらしいよ。行ったことないけど」
「ありますよ〜、一本となりの筋に」
「でも今日はパキスタンか。ビッラルさん、いつもパキスタンより平和!!って力説してたなぁ」
「そっち方面は、食べにいかれるんですか?」
「もう、そっちもあっちも、あの方面なんでも大好物ですがな」

 

とムハムハ笑いながら、地下の Ali's Kitchen へ潜行。
パキパキご陽気な大将は、熟女と顔なじみらしい。
勝手知った様子で、お手軽ランチ1000円なりを3人そろって注文してもらう。カレー2種類は好みで選べるので、各々ささやかな個性を発揮する。わたしゃチキンと豆のカレー。
いたってヘルシーで、ナンもうまい。

 

熟女とその弟子は、南大阪のまったりした精神障害者福祉の現場報告をしてくれながらも、店の大画面TVでオリンピックに見入ってしまい、グダグダトークになってしまう。
弟子の伊集院光くん、
「内村って、ポケモンGoやりすぎて、通信料が50万もかかったらしいっすよ」
なんて裏ネタを披露してくれる。
二人ともスポーツ音痴らしいが(熟女はTVも見ないそうな)、けっこう五輪ウォッチしてまんなぁ^^;

 

2時間ほどまったり会食を楽しんで散会、難波まで歩いて阪神電車で神戸まで410円。安いな〜
商店街は、夏休みもあって日本語より英中韓インドネシア語が錯綜している(韓国人ツーリストが一番多かったような印象あり)。これでも、一時より静かになったそうな。

 

人の波に気圧されて、三ノ宮まで一本の阪神電車は快適な昼寝の旅になった。
ミナミという隣国に片足をつっこんできた気分。
南大阪の住民にとっても、神戸は隣国のようで、このご両名も人生で何度かしか入国したことがないらしい。

 

今度は神戸でうまいもん案内しますわ〜と約束して、今度はホスト役決定。
まさか、ステーキ食いたいなんて、所望なさらぬように(笑)。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0)
初トルコは地味におとなしく

 

7月になったばかりだっちゅうのに、もう10月からの年度後半のシフト調整が始まった。
A法人とC法人でバッティングしている。どこをどう動かしてもらえるかによって、昼めしのスケジュールが決まる。

 

午後いっぱい変な空き時間ができるのもつらいが、ウィークデーの半ドンもむなしい。
別に旅立つほどのガッツもないので、平日の休み時間は梅田で、神戸で、と「孤独のグルメ時間」にあてていた。これはこれで、いい時間ではあった。

 

FBには公開したが、今週のトルコ料理は微妙な「初トルコ」だった。

ランチタイムのメニューはシンプルで、肉っ気はチキンサモサだけ。1000円なので、贅沢はいえない。ハーブのきいたバターライスは、炒飯ほどのインパクトもなく、薬膳のようにあっさりしている。


客ゼロの静かな店内は、トルコ人のご主人と差し向かい状態で、不思議な時間と空間であった。

どうも、奥様は漫画家でエッセイもいろいろ出しておられる有名人のようで、店内にも陳列されている本は、ただの飾りではなく「産地直送」のオリジナルなのであった。意外や意外、東大モトクロスだったな〜


私邸の客間のような落ち着いた店は、ほんの小一時間ほどしかいなかったのに、異国にワープしたような感じ。
追加のトルココーヒーでももらっておけばよかった、と後悔も先に立たず支払いをして出たところへ、観光オババ軍団が練り歩いていて、あぁ、やっぱりここは神戸の異人館通りなんや〜と現実に引き戻される。

 

 

国内観光客がメインだった時代にかわって、今はアジア一円からのツーリストがバスでどどっと送り込まれてくるので、神戸ビーフの店と鉄板焼き関係ばかり大入り満員になっている。
もともと、名物レストランが軒を並べるようなエリアでもなく、完全に昼の街だから、「うまいもん」は三宮で選りどり見どりするのが賢明だ。

 

ただ、「孤独のグルメ」客は混みあう店には歓迎されないので、ひっそり系(笑)の洋食堂が妙に落ち着けるのだ。今のところ、爆食いツーリスト家族なんてのと席を並べたことはないのだが、いつか関門が待ち受けてるかもしれんなぁ…^^;

グルメ本を見ても、北野エリアには目ぼしい店がない。モロッコもチリも移転してしまった。
インド系はたくましく商いを続けてらっしゃるが、中華がない。不思議なことに。

 

だからといって、サブウェイやマクドクナルドなんかができると、北野は終わりだ。もっとも、通行量を考えると、採算がとれないから出店しないだけだろうけど。
でもホンネをいえば、一貫楼でもいいから、ちゃんと「晩ごはん」が食える中華食堂が一軒あれば助かるのにな〜

 

あらためて、孤独のグルメ晩ごはんバージョンはやったことがないので、探してみれば穴場のような隠れ家が見つかるかもしれない。隠れるどころか、大々的にPRしますがね。
「深夜喫茶店」は絶滅危惧種だから、飲み屋でない晩ごはん食堂を開拓しなくては!
国籍不問ですから!!

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

食べた飲んだ美酒美食 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
夜の部もあるらしい(*˘︶˘*).。.:*♡


ニーハオラーメンの近所に、ニギニギしく開店した中華定食屋を発見・・・
したが、あんまり詳しいロケーションを書くと営業妨害で訴えられそうなほど、人柱になってみた結果あんまりな味であった。

新築臭漂う店は2階部分で、写真つきメニューで通りから客を釣り上げる形になっている。担々麺&チャーハンのセットがうまそうに見えて(いるのが先方にも見えて?)、飛んで火に入る夏男のワタクシ、おねーちゃんに釣り上げられてしまった。

愛想はいい店だった。厨房には中国語が飛び交っていて、おねーちゃんはバイリンガル。
飲食店としてノウハウは浅いのか、客卓にあるはずの調味料や爪楊枝のセットがない。ヤヤヤ…不吉な予感・・・

確信したのは、お待ちかね担々麺をすすったとき。
どうすれば、これほどカップ麺よりまずく調理できるのか??? こりゃイカン!
麺も、湯がいてないのか白い粉がスープに溶け出して、しゅんせつ工事中の海岸みたいになってますやん(TT)

チャーハンに至っては、どこかに生えていた雑草のような野菜を刻んで炒めてあって、風味ゼロ。冷凍をチンした方がうまいし安くつくんちゃいますか?
イヤハヤ、久々の逆グルメであったな〜

ニーハオラーメン、王将に並んで、沈没する予感も大いにあるので、この中華食堂は絶滅危惧種でもある。
こういう類の店が、よくサイキックで持ち上げられていたもんだが、すぐ腕を上げてうまくなってしまうとおもしろくないので、店はヒミツにしておくとしよう。
かなり特定してしまった気もするが。。。

 
JUGEMテーマ:日記・一般
食べた飲んだ美酒美食 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/13PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS