solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 秘書募集 | main | 災い転じて福笑い >>
なぜ愛パッド・ナノか?


飛ぶ鳥を歌わせる勢いのアップル社が、タブレット端末を発表。愛フォンをそのまま拡大したような(ガリバーの使う愛フォンのような・・・)、多分にキンドルを意識したような端末は、愛パッドというんだそうな。

キーボードもなく全面フラットな液晶画面で、重さは1kg強。
ノートPCにしようと思えば、キーボードをつななはれ、と?
でも、そんな用途は邪道で、マルチタッチで遊べる電子ブックリーダー兼ビデオプレイヤー兼フォトビューワー兼・・・というところだろう。ソフトウェア・キーボードなんて、打ちごたえのないふざけたインターフェイスだしねぇ。
いったい、何に使うんでしょ?

Windows CEの時代からタブレットを偏愛している僕は、いま入力しているザウルスも、XPtabletの富士通ルークス君も、電話(アドエス)も、みんな液晶タッチパネルになっておる。マウスはもう何年も使ってない。
もうすっかり、「ここ!」と思ったら画面をつつく癖がついてしまった。

だから、こんな便利なタッチパネルが、もっと普及してほしいと思う。
最近でこそ愛フォンのマルチタッチがおもしろがられているけど、ウィンドウズは10年も前からタッチパネルのCEを開発していた。
それがなぜかイマイチ普及しなかった理由はいろいろあるとしても、「ポインティングデバイスいらず」程度の消極的な用途から脱却しきれなかった点も大きいと思う。

2軸ディスプレイでタブレットになるハードも、完全にタッチパネルだけで操作し尽くせるわけでもない。実際、カタログなんかに「こーんなに便利なシーン!!」とうたわれているような、「ディスプレイをお客様に向けて商品説明できます」てな場面なんか、見ないからなぁ…。

タブレットモードで手書き入力している人も、見たことがない。
ザウルスぐらい小型になると、タブレットにして机の上に置き、会議中にメモをとるふりしてメールを書いたり文章作成したりするのに重宝する。最近あまりやりませんが(苦笑)。
キーを打つと目立つところが、手書きメモと同じ姿勢だと、カムフラージュは完璧できる(少し離れると、液晶画面さえ見えない)。

そう使ってこそ、タッチパネルの真骨頂だと思うのだが、愛パッドは入力マシンとして売るつもりか、ディスプレイ性で売るつもり(たぶん、こっち)なのか、アップル社はキンドルを意識しすぎているのではないですかい?
ブック・リーダーとしての端末なら、まだまだ重いから500gを切らないと持ち歩こうと思う消費者はいないだろうし、電池ももっと長持ちしないとまずい(裏面かカバーにソーラーパネルを貼りつければいいのに)。

本は紙で読むべきだ!と意固地になるつもりはない。
むしろ僕が「電子読書」に期待するのは、翻訳機能と、目の不自由な高齢者、障害者が読書を楽しめる可能性である。

すでに、ザウルスでも画面のテクストをこすってポップアップ翻訳ぐらいはできるし、辞書検索も別ウィンドウで開くから、なかなか重宝する。ただし、ファイルを手作業でザウルスに映す手間はかかる。
英文を読んで、たちどころにこなれた日本語として出力する、文字サイズも自由自在、電子音声が読み上げてくれる・・・ぐらいの機能は、別にウィンドウズマシンでもできていたことだが、もっと簡単に「読む行為」の自由度を広げてくれたら、愛パッドさまさまと絶賛されるだろうね。

ただの出力マシンとして使うのはもったいないハードウェアだから、あれもできますこれもできます…と風呂敷を拡げていくと、結局はXPtabletマシンと変わらなくなる。
それなら、タブレットにもなりキーボードも打てる1kgのルークス君でもできてますって。

「愛パッドEX」は機能はうんと割り切って安くして、全盲の人でも弱視の人でも高齢者でも、新聞が読める(聞ける)・新刊書が読める(聞ける)・マンガも読める(聞ける)となると即、社会貢献にもなりますがな。
アップルなら、それぐらいの構想は温めているはずだから、期待するとしましょう。




ルークス君が先輩なのだ⇒


こんな日でした(日記) | 21:45 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 21:45 | - | -
お経をBGMに…ですか、ナルホドナルホド。
画面キーボードは、最初は難儀しそうですな。
愛フォン向け模擬試験サイトなんかも出てきてもおかしくないはずですが、あと3日以内に、間に合うかどうか…。
参考書がボロボロになるアナログな勉強のほうが、やった気になるもんですが。
いい結果が出ますように。
| solosolo | 2010/01/28 23:24 |
メールはですねー、画面のマルチパッドの「MMS」を指で弾いて宛先の所をまた弾くと、電話帳が出て来まして、そこから登録しているアドレスを選択すると自動的にキーボードが現れるので、そこで文字を入力すればいーのです。
あたくし、指が太いもんで(笑)、なかなか初めは上手く押せなかったんですが、コツを掴めば上手く入力できるようになりますよ。今は国試に向けて、授業前に自分を鼓舞するための音楽を聴きながらという使い方もしてます(笑)。
| mitsuyanowakadanna | 2010/01/28 23:12 |
和尚様の感覚が正解だと思いますがね…
紙の本は電気もいらないし。
でも、愛フォンですか(笑)。
メールはどうやって入力しとるんでしょ?

キンドルや愛パッドは、使いかた次第では、まず新聞の大きな脅威になるかもしれませんな。
こんな端末で「読書」をしようとは思いませんが、電子ジャーナルとの親和性は高い。僕は一切ノータッチですが、メルマガにも向いているかも。
メールと郵便のように補完しあってくれるのがいいんですけどね。


| solosolo | 2010/01/28 22:42 |
あたくし、12月にケータイを愛フォンにしたばかりでありまして(笑)。未だに悪戦苦闘しとります。
でも、意外と便利なんですよね。変えて正解だったと思ってます。
「キンドル」って、「何のアイドル?」って思いましたよ(笑)。
「欽ちゃんがプロデュースするアイドル?」とか思ったり(もーえぇっちゅーねん)。
本はやっぱり、紙で読むもんですよ。持ち運びできるし。
「キンドル」は出来ないでしょ?
なんでもかんでも「電子化」っつーのも、考えもんやと思いますわ。人に優しくない!ホンマに。せめて読書くらいは「アナログ」でいきたいもんですな。
| mitsuyanowakadanna | 2010/01/28 22:23 |









http://solosolo.jugem.jp/trackback/1053

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS