solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 解体工事はスケスケがいい | main | 食器みやげは約20年ぶり >>
晴れのち雨のち雪の弾丸ツアー


朝イチ出勤つづきで睡眠不足のまま、土曜日もうんと早起きして北陸バスツアーに参戦してきた。
こういうツアーがあるとは知らず、「お得ですよ」と誘われるまま体を運んだので、下調べも何もせず、完全に幹事さん任せ。
おまけに、病院の元事務長さんと元々事務長さんにくっついていく珍道中だから、わたしゃ部外者そのものだ。

費用はワリカンなので、好きな立ち寄り先はリクエストしていいのだが、すでに焼き物愛好家と歴史愛好家がギッシリ計画を立てていたので、おとなしくついていくばかり。
午前中はバスで北陸道をひた走って山中温泉にチェックイン。老舗のグランドホテルが格安ツアー会社の傘下に入り、関西から客を送り込む形のビジネスモデルができあがっているのだった。だから宿と食事は決まっていて、観光したいところは自前で訪ねてね、というスタイル。

さっそくタクシーを手配して、山代温泉へ九谷焼見物。手配していたボランティアガイドさんがとても博識かつ親切で、温泉寺や窯元2つ、仕上げは九谷焼美術館まで短時間で手際よくガイドしてくれた。
わたしゃ焼き物の嗜みはゼロに近いのだが、あっけなく感化され、九谷焼のマグカップを買ってしまった(メイドイン某国ではない)。手にしてみると、しみじみ渋みが伝わってくる。

宿の1泊2食はバイキグなので、これでもかといわんばかりに満腹になり、やや薄めの温泉につかって宴会もせずバタンと昏睡。土曜の夜は前線通過とやらで冷え込み、遠くの白山の雪を満開の桜越しに眺める風流な車窓風景になった。
日曜日はピストン送迎バスで金沢観光。
といっても2時間しかないので、とても観光どころではない。鈴木大拙の記念館を訪ねて、21世紀美術館近くの柿木畠ストリートで昼飯をかきこみ、バス停へダッシュして戻ってきただけ。もう、慌ただしいのなんの。

帰りの高速は幸いほとんど渋滞もなく、晩飯どきの新大阪へ無事にたどりついて解散。
しかしまぁ、弾丸ツアーに近い盛り沢山な週末ツアーであったなー
全部で16,000ドルは安いといえば安いが、満席バスは「リクライニングするな」「酒は飲むな」「提携のおみやげ店に寄るからできるだけ買い物せよ」と少々窮屈さはあった。たいてい片道切符の一人旅がマイ・スタイルなので、異文化体験であった。

客はジジババばかりかと思いきや、案外そうでもなくて、なぜか団塊おとっつぁんグループとベテラン乙女グループが別立てで分かれていて(夫婦はゼロか?)、あとはOLトリオと、バツの悪そうな(笑)若いカップル。春休み最後なのにファミリーもいなかった。家族で1部屋とるとけっこう格安なのに。ベテラン乙女の土産物購買パワー、トークパワーはなかなかのものであった。このあたりが、ツアーのメイン・ターゲットではなかろうか。

道路事情もよくなったので、関西から半日で飛ばしていける日本海側の各地に客をまとめて送り出すツアー会社と、客集めが難しくなった古い斜陽旅館の思惑が一致した感じかな。
これはこれで、割り切って楽しめる形ではあるが・・・妙に「鉄ハングリー感」はある。ウロウロできるだけでも、体がほぐれるしね。
次は18きっぷツアーでも提案してみようか??
とはいえ、リウマチ持ちと関節痛持ちの仲間からは、苦痛を訴えられそうな予感もある。
やっぱり僕は勝手気ままな一人旅がほっとする。マイ・スタイルを再確認してしまった。


 
JUGEMテーマ:日記・一般
旅してきました | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:35 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/2602

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS