solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 2017年04月19日のつぶやき | main | 2017年04月20日のつぶやき >>
重婚で銃痕をつけられない国の性治家でよかったね

 

代議士のゲス不倫は今さら驚かない。
去年の「育メン不倫」は、いかんことはいかんが、出来心というか、弾みでついつい感もあるから、本人が反省して有権者が許せば復帰もありか…

 

と、つい比較して甘く見てしまうのは、中川親子の親子二代不倫劇が2枚ほど上手だったから。
オイオイオイオイ、ハワイ婚まであげたらいかんやろ。うっれしそーに写真まで撮って、拡散することを考えなかったとしたら、不倫そのものより危機管理がグダグダ。そっちの方で、議員失格だわな。

 

妻子のある代議士の立場で堂々と愛人と挙式をあげていた感覚は、ちょっと精神的にまともではない気もする。
案の定、別れ話がこじれてストーカーと化した。職場で調達した第2愛人(あのアイメイクは笑えた)に乗り換えたかと思いきや、永田町でハメハメするには窮屈だったのか、結局なじみの第1愛人と関係修復に及ぶ。みごと成功・・・あのね、不倫を修復してどうする?(笑)夫婦仲を修復せんといかんでしょ。

 

さすが、ダルマ内閣時代の絶倫官房長官の息子だけのことはあるね。3代目も、やりますか?(笑)あったとしても、だれも驚かないけど。

 

絶倫長官の息子に嫁ぐ配偶者は、それなりに覚悟もしていたかもしれんが、映像で見る限り、清楚でひかえめな「糟糠の妻」然としている。病弱のようだし。


だから、派手めの相手と火遊びに走ったのかな〜と男目線で納得してしまう(イカンことはイカンよ)ところもあって、まぁこういう懲りない遊び人は、きっと男同士だと遊び上手で「おもろいお調子者」なのだろう。浮気男もマザコンもDV野郎も、同性とのつきあいよしお君だったりするのだ。

 

永田町の近くに、∪野宗佑を祭神とする不倫神社でも建てて、ここで荒行でもやらせて禊にすればどうでしょ?
荒行とは、全国の、浮気した亭主に仕返ししたい奥様族の相手をする。決して選り好みも拒否もせず、ミッションを完了していただく。トシをとるほど時間はかかるが、なんとかやり遂げてポイント1。宮崎(元)議員ぐらいだと1で免罪してもいい。
中川トシちゃんは、親の因果が子に報いたのも気の毒だが、ポイント2は積んでもらわないと…

 

名案だと思いますが、いかがかな?
政治屋の妻たち(夫たちも)は怒り心頭に発するかもしれませんが、荒行をやればもう生気を抜かれて、おとなしくなりますって(^^)/

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

政治 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:59 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/3871

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS