solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 2017年08月08日のつぶやき | main | 2017年08月09日のつぶやき >>
「まり〜んふらわあ」はメイド喫茶っぽいぞ^^;

 

いったん廃止になって先日めでたく復活した淡路関空ラインに、「VOICE」が丸一日、全便密着取材をしていた。
明石海峡大橋を走るバス便に破れたリベンジに(?)、300円安い料金と半分の所要時間で攻勢をかけているのに、うーん…船出は厳しいようだ。

「目標1日 400 人」が、6分の1。しかも関空からのインバウンド観光客はごくわずか。


地理的に見ると、関空の目と鼻の先に島があるのに、足がなかったのも残念だし、「京阪神奈和」に金を落としてもらうことしか考えてこなかった観光戦略が偏っているところは確かにあると思う。

島の売り込み不足もあるとはいえ、高野山や熊野古道の人気をみると、国産み神話の島に関心を持たないはずはない。
お仕着せを「おもてなし」と勘違いしているのは関西財界だけではないにしても、ニーズをちゃんと把握しとるのかね?と思うこともある。

 

この食料自給率 107 %の恵みの島の名物は、淡路島バーガーだけではない。
畜産品も海の幸も野菜も、うまいもんには事欠かない。海はきれいだし。

台湾のチャリダーのためにチャーター便を飛ばして、アワイチ客を呼び込むのもいい・・・が、関空からの足が、今のところ採算割れで難航している。存続するかな〜?

 

夜中の便で来日してしまって電車もバスもないツーリストを、船で淡路に運んでしまう手もあるぞ(浜辺でキャンプしてもらおう)。

そんなサプライズ便は、ウケるか訴えられるかの大バクチになるから、ちゃんと淡路を PR して足を運んでもらうようになるのが王道ですわな。

そこで、とりあえず波止場とバス停をもっと便利に接続する改善は急務だとして、洲本港に発着するならついでに足を伸ばして沼島にインバウンドを送り込みましょう。

こんな秘境が兵庫県に!?!?と驚かれるにちがいないから。

 

僕は大昔に一度だけ YMCA のキャンプで漁船で渡ったことがあるぐらいだが、なにやら霊気漂う神秘的な島で、強烈な印象が残った。
今はだいぶ俗化しているとはいえ、「南海の孤島」の雰囲気は充分(クルマは神戸ナンバーだが)。キャパはそれほど大きくはないものの、伸びしろ大の観光資源だと思うけどなぁ。

 

四国に渡って徳島になるともう関西エリアの一部だから、平穏な一地方都市にすぎない(悪い意味ではありません)。関空から四国へのルートは、高速バスだと淡路島は通過点になってしまうが、船便は「島に上陸」という感じになる。これがいい。
たとえば日本人がエーゲ海に旅しても、ミコノス島やサントリーニ島に船で上陸するのがワクワクするもんで、橋をバスで渡ってしまうと、潮の香りも嗅げんわな。やっぱり、島には船で(^^)/

 

さて、関空から淡路へわんさかインバウンドがやってくる秘策であるが・・・
ずばり、あるぞ。パクリはパクリでけっこう、猫1万匹を放って世界一の猫アイランドにする!
1万匹も野放しにしなくても、100匹を放置すればあっという間に繁殖する。捨てにくる不届き者もいるかもしれんが、島外からのネコ連れ込みは厳しくシャットアウトすればよろしい。「純淡路産」の和ネコを増やしましょう。
岩合さん大忙し(笑)。

 

ま、パクリ案はたぶん却下されるだろうけど、島の地の利を活かして、京阪神奈和ではできない体験(すでに存在する)を、政財界あげてちゃんと PR できるかどうかが試されるね。船会社だけの奮闘でどうにかなるものではない。

 

南あわじ共和国(上沼恵美子大統領)を本当に独立させるのも、大ニュースにはなるが・・・物見遊山のインバウンドが増えるかな?
国防軍が漁船数隻だったりして(苦笑)。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:22 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/4084

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS