solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 2017年10月17日のつぶやき | main | 2017年10月18日のつぶやき >>
コベル子の身の振り方は?


神戸製鋼の会社ぐるみデータ不正が、アメリカの司法当局まで動かす疑獄事件になってきた。
企業城下町(といえるのか?)市民としては、面目ない…というか、責任を感じるいわれもないのだが、ただただ残念。

 

製鋼業の QC や製品検査がどんなシステムになっているのかは門外漢にはわからないが、偽装は神鋼の長年の慣習になっていたようだから、企業風土の腐敗は年季が入っていたわけで、経営陣の総入れ替え、責任者の刑事訴追も含めて、大ナタをふるう再建をしてほしい。

 

社名も、地元民は誇りに思っていたのがブランドが失墜した今、「神戸」もはずしてほしいぐらいだ。
この港町の妙に田舎くさいところは、製鋼といえば神鋼、重工といえば川重、コーヒーは UCC しか浮かんでこない(!?)ほど、世間知らずというか無邪気というか、身びいきが過ぎること。

 

どんな業界でも市場競争、シェア争いがワールドワイドに熾烈になっているのに、神鋼が世界の鉄鋼を生産しているような錯覚を持っていたりする。もしそうなら、不良素材を売りつけられた得意先から交換、返品、賠償を求められたら(そうなる公算は大きい)お城が倒れで城下町沈没!!になりまっせ。

 

神鋼のライバルが中韓のなんという企業集団なのか、神戸市民でさえ知らない。なんだかスポーツ界と似て、タコツボの外が見えていない。
UCC の競合他社はわかる。キーコーヒーとかドトールとかスタバとか、ライバルに浮気しながらも神戸市民は UCC コーヒーをとりあえず身びいきしている。

 

JFE や新日鉄住金のような再編をしながら日本の鉄鋼業は生き延びてきたのに、神戸製鋼はコベルコブランドを守り続けて、あげく企業価値を自ら貶めてしまった。神戸銀行も太陽銀行と合併し、住友三井と合併して今に至っているのに・・・といっても、水モノの金融業と重工業とは同列に再編を語れないだろうから、さてこの先どう再建するのか、投資家も行政もヤキモキしているばかりなのが現状かな。

 

神戸製鋼は、太陽神戸銀行を参考に「さくら鉄鋼」と改名して(なんか薄っぺらい鋼板のイメージになるな)再起を図ってはいかがかな?
生まれ変わったら、昔の名前で出てきますのも許そう。

 

もう、なんでもかんでも神戸の名前を冠するのはほどほどにしてほしい気分でござるよ、ジモティとしては。
食品業界だと、コロッケやラーメンや餃子まで!(この中で、観光客に手を出してほしくないまずい神戸ブランドが1つあるけど、あえて伏せておきましょう)。

 

噴飯モノは、どことはいわんが神戸三田キャンパスというわけわからん大学である!!
八つ当たりはさておき・・・
ラジオ関西、おっサンテレビがラジオ神戸、神戸テレビと名乗ってないのはお利口さんかも。
神戸製鋼さんは、心機一転「大製鋼」になれますことやら?

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

こんな日でした(日記) | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:08 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/4217

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS