solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 2018年08月13日のつぶやき | main | 2018年08月14日のつぶやき >>
趣味の悪い趣味差別に喝


三島由紀夫がバイセクシャルであったことは有名な逸話。
ドナルド・キーンさんも同性愛者であることは半ば公然と示唆しておられたっけ。

 

女性より猫が好きなロバート・キャンベルせんせも、清々しく LGBT のスタンスで無知(無恥)な政治屋へチクリと発言されている。潔いねぇ。

 

このような文学者たちをもって LGBT の代表者とするわけにはいかんが、生産性がないとか、趣味の性癖とか、配慮のない放言がいかに的はずれであるかはわかる。偉大な知的生産をしておられるではないか。

 

日本文学の愛好家が性的マイノリティ・シンパ?とひとくくりにするのは乱暴だとしても、英米文学にはおおらかに「性的傾奇者」を扱った作品は乏しい(僕のせまい見識の範囲内では)。
ところが、古事記から源氏、雨月物語まで、日本の古典には手を変え品を変え、また僧侶をしながら武士をしながら、ときに男装女装もしながら、傾奇者が出てくる。重苦しい「背徳」観念は漂わず、ひたすら「耽美と快楽」が描かれている。そこにキーンさん、キャンベルさんが萌えないわけはないでしょ。

 

研究者として知的生産をするだけでなく、LGBT がいなければ男色も百合も BL も同人誌レベルにとどまっていただろうに、いまや立派に文化消費に貢献している。
つまり、経済を生産面からとらえるだけだと消費経済に思い当たらないわけで、神戸の恥をさらしたオバサン議員は高校の社会科から勉強しなおしましょう。

 

趣味の消費もばかにできませんぞ、とむ議員!
もし、「あ、そう太郎」大臣が『弟の夫』を愛読していたら、どうご機嫌とるつもりだろ?

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:40 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/4791

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS