solosolo@JUGEM

そろそろ、ゆっくり、こっそり革命!
<< 教材の仕入れ元は正直第一 | main | 滋賀県にワカメちゃんはいませんて >>
また岡山コネクションか

 

加計学園の次は、ベネッセが安倍なかよし業者?
と疑われてもしかたない国語入試のベネッセ委託。

 

共通テストを請け負う業者が、共通テスト対策をうたった添削事業を始めると、これはもうインサイダー利益に直結しますやん。旺文社も学研も黙ってられないだろうし、ベネッセが大学入試国語の基準づくりをしてしまうことになる。

 

そりゃベネッセさんも優秀な教育出版社でしょう。
共通一次世代に最も利用されていた(らしい)進研模試は、ワタクシにも驚くほど冷酷で正確な合否予想をしてくれた。

 

かといって、ほかの業者が不適格だとは限らない。
いや、記述解答の主観評価を業者に丸投げしちゃいかんのだ。採点者の能力を均質化できないんだから。

案の定、臨時雇いの採点者にも手伝ってもらうかもかも、とベネッセも認めている。バイト・テロが起きなければいいが…

 

もう70年代から、「マークセンス方式の入試は本当の学力を測れるのか?」が論題にはなってきた。
多肢選択方式もある程度は有効だから、共通テストは客観式でいい。二次試験で記述問題を導入して、大学ごとに求める思考力を測らせてもらいます、でいいと思うが・・・
記述解答も全国一律に模範解答(満点解答)が想定されることになると、金太郎飴のような解答に収斂していくのではないだろうか(もう、そうなってるか…)。

 

国語の記述解答には、採点以前の問題が「日本語の宿痾」のように横たわっている。
正しい漢字、正しい送り仮名、正しい仮名遣いが決まっていないのだ。正書法がない。
国語指導要領で教えられているのは便宜的な文科省スタンダードで、日本学術会議のスタンダード、各種業界団体のスタンダードと当然ながら齟齬がある。

たとえば、事業承継と事業継承のどちらが「正しい」のか。慣例は、いつから不文律になってしまったのか。
そんな日本語の用法・語法を、全国の採点者が一律の判断基準に照らして公平な採点・減点ができるのだろうか。

 

一見科学的に見える数学の正書法なんか、ますます高校できちんと教わっていないわな。

記述テストを落札したベネッセさんは、請け負うことになった手続きに法的な問題はないとしても、採点基準を詳しく説明する責任は絶対あるよ。

受験生と高校教員、大学教員、学術団体のすべてを納得させなくてはイケマセン。
いま納得しているのは、総理の飼い犬だけ。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

こんな日でした(日記) | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 23:22 | - | -









http://solosolo.jugem.jp/trackback/5537

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
your IP
ブログパーツUL5
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS